聖帝十字陵

サイドバック転向

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

まだだ!まだ終わらんよ

超ご無沙汰です。
俺様です。
生きてます。
相変わらずネタありません。
ちょっとネタになりそうな新しい保険屋も全く遭遇しません。
アキヤマさんって言ったかな?
全く使えねー。
それはいい。
ネタがなくて瞬殺状態です。

とりあえず一分半もたせられれば自分をほめてやろうと思います。
そんな訳でこのブログだけで10年続いますよ。
だから消滅させるのはもったいないので続けます。
更新頻度は不定期だけど。

痛みに耐えてよく頑張った!感動した!

こんばんわ。
1ヶ月くらい前から左足の親指の付け根が痛み出し、
歩くのが少し辛い状態になりました。
ほっときゃ治るだろうと思いしばらく放置。
案の定症状が緩和されるも、強制労働でのスタンドバイミーで
足を酷使したせいか、折角治りかけの足が悪化。
少し足が腫れてるし、痛みも結構なもの。
ほっとくわけにも行かないので、医者に行ってみると
関節炎との事で、湿布を処方されて終了。
これが先週の金曜日。
それから3~4日歩くのも少し辛い程度の痛みが続き
一昨日辺りから痛みは緩和。
そんな訳で今日はスリルドライブで日帰り温泉行ってきました。
湯治です。
効果は微妙ですが効果はあったのだろうか?
それはいい。
いやー、痛んだところが痛んだところなもんだから
痛風の字が頭をよぎりましたよ。
なっちゃったら麦汁飲めねーし、レバニラ食えねーし
俺様の生活に滅茶苦茶支障きたすからなあ。
とりあえず痛風じゃなくてよかったです。
「拳王の肉体は 砕けぬ!折れぬ!!朽ちぬ!!!」
と、言える今日がこんなにありがたいとは思いませんでした。

余談:今日はきわめて普通に書いてみました。
次回からは平常どおりに書こうと思います。

超ご無沙汰です

大変永らくご無沙汰してました。俺様です。
最近、ネタがないとほざいていましたが、
実は12月に結構大きいネタがあったんですよ。
それはメッシ君が犬神家から三つ首塔に配置換えになったということです。
事の発端は面倒を見ていた自由人が総裁にアイツを何とかしてくれ
平たく言えば、「動けないサイヤ人は必要ない。」と直訴し
配置換えとなり上の階へ異動となりました。
これでネタがかなり半減というか、俺様の心も少し穏やかになりました。
んが、メッシ君と顔を合わせる事が少なくなっただけで、たまに顔を合わせると
相変わらす、殴りたいというか蹴飛ばしたいというか、
「俺の右手が光って唸るお前を倒せと輝き叫ぶ!!」
とシャイニングフィンガーを食らわせたくなってしまいます。
いや、とにかく平和になって安堵すると共にネタが減少して少しさびしい気もします。

そして、今月はじめ今いる状況の中でネタ的に大ピンチというか
玉音放送並に痛いことが発生しました。
ええ、あくまでもネタ的なくくりとしてですがね。
あのレジェンドにまつわる話です。
それは近々書こうと思います。
それではまた。

困った

ネタがなさすぎる。
あるにはあるんだけど、小さいネタしかない。
ものすごく平和になってしまった。
あのネタまみれの時代はどこへやら。
ちょっと悲しいけど、ネタをもとめて三千里生活は絶対しない。


とりあえず、黄金週間はスノボ行ってきた。
来年は板を変える予定。
あのポルターガイストはもう嫌だ。
4年間ありがとう。

とりあえず、明日からの社会復帰はどうなるのだろう。
いきなり直会だ。
ただ飯食うぞー。

転換期が来たのか?

こんばんわ。
最近、マジでネタがなく困っています。
もうね、これを機に原発に頼らない社会をいや、
メッシ君とエリカ様に頼らないブログを考えなきゃいけない
時期に差し掛かってきたのではないかと思っています。
でもね、あの強烈なネタの塊共を抜きにするともう
バイアグラ飲みすぎて役に立たなくなったちんこ
へパリーゼ飲みすぎて弱り果てた肝臓みたいなものになってしまいました。
最近、アクセス解析を見てみると、USAからのアクセスが頻繁にあります。
マイケルだかジョンだか知らないけどありがとうございます。
しかしながら、ついにこのブログも海外進出したというのに
このザマは何でしょう。

「この程度の力では、私を倒すことはおろか、
デビルガンダム打倒など無理 の一言ォォォ!!!」


という心の声が聞こえます。
とりあえず、このブログの方向性を模索するべく色々考えて
螺旋の真理を会得いたいと思います。
できるかわかんないけど。
ランキング

おきてがみ

おきてがみ

ブログラム

blogram投票ボタン

ブログ内検索

RSSフィード
月別アーカイブ

ブロとも申請フォーム
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。