聖帝十字陵

サイドバック転向

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

店長の陰謀 エピソード2:ファーストコンタクト

こんばんわ。
見切り発車で始めた『店長の陰謀』シリーズ。
今回はエピソード2です。

土曜日に店長とその女性と会う約束となった俺様。
当日、集合場所へ行くと店長がいた。
「いや、実はあと一人来るんだけど、子供さんがインフルエンザで・・・。」
見たいな事を言う。
向こう側にも一人来る予定だったらしい。
そんな訳で今回は店長と俺様とその女性の三人でお食事。
まだその人がこないので店長と話をしていると
「今回来る人の歳わかったよ。俺のいっこ上だって。」
そうなると俺様の3つ上か。
これはちと厄介なことになりそうだ。
そんな事を考えていると真打登場。
ぱっと見、そんな年齢には見えず悪くない。
まあ折角来てくれたんだからと思いながら、相互に自己紹介。
これからこの女性を仮にイワシミズさんとしておく。
これで今日のメンバーが集まったので、店長があらかじめ
予約しておいてくれた鉄板焼のお店に向かう。
その間も色々と世間話。
お店についてからも飲み食いしながら世間話で時間をすごす。
お互いの仕事の事とか、店長の家庭事情とか。
メッシ君やエリカ様の話なんかも出たりそれなりに盛り上がった。
メッシ君やエリカ様はここでもネタとして
重宝できる事がわかってちょっと嬉しい俺様。
それはいい。

宴もたけなわとなり、時間は夜の9時。(始まったのは6時。)

「これで終わりにするか続けるか、シャア。」

という店長の問いに

「まだだ、まだ終わらんよ。」

と俺様が答えるものの、イワシミズさんは
「明日仕事があるので・・・。」というのでここで今回はお開き。
ここで連絡先を交換。
登録するんで名前を聞くとき、「どんな字なんですか?」と聞いてみると
何でも俺様の名前の字に「子」がついたお名前らしい。
店長は「おお、運命じゃん。」とか言うし、イワシミズさんはイワシミズさんで
「うそ、マジで>」みたいな感じに手で口を押さえている。
で、俺様はと言うと・・・・

「運命? 俺は俺の長所によって成功し、自分の短所によって滅びるだろう。
運命などに俺の人生を左右されてたまるか。全て俺の器量の範囲内だ!」



と心の中でつぶやいたっていうか、どうでもよかった。
上手くいけばそれを利用すればいいし、ダメになったときはスルーすればいいし。
そんな事を考えていた。

そして今回のファーストコンタクトが終了し、
帰るときにイワシミズさんと俺様の帰る方角が逆だということが判明。
店長が「送っていけよ。」とのたまう。
送っていくのは構わないけど、向こうが迷惑だろうとイワシミズさんの方を見ると
まんざらでもない様子。
そんな訳で、最寄のターミナル駅まで送っていった。

イワシミズさんを送って家に着いたので、ここでメール。
「今日はありがとうございました。楽しかったです。
機会があったらまたご一緒してください。」みたいなメール内容。

そして、翌日イワシミズさんからメールが来る。
「私も楽しかったです。またの機会があったら云々。」という内容の
あとに○○(この間に猫の絵文字)ねこ(※○○は名前の一部)とあった。

オイ、歳考えろよ、痛ぇだろと率直に思った。
これでフェードアウトすればいいし、まだ続くようならとりあえず進めてもいいかな
とこの時点では考えていた。

そしてその翌日、イワシミズさんからメールが来た。

つづく
スポンサーサイト

この記事に対するコメント


姉さん女房は金のモビルスーツに乗ってでも探せと昔から言うじゃないかwwwww







とんでもない不良債権かもしれないけどwwwww
【2012/03/14 20:22】 URL | カズ #- [ 編集]


そうは言いますが
ちょっとねぇ・・・。
不良債権とか言ったらネタが終わってしますう。
【2012/03/15 21:04】 URL | 悪代官 #- [ 編集]


この記事に対するコメントの投稿
















この記事に対するトラックバック

トラックバックURL
→http://seiteijuujiryou.blog38.fc2.com/tb.php/622-eb644eb6
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
ランキング

おきてがみ

おきてがみ

ブログラム

blogram投票ボタン

ブログ内検索

RSSフィード
月別アーカイブ

ブロとも申請フォーム
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。