聖帝十字陵

サイドバック転向

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

店長の陰謀 エピソード1:地獄からの使者

こんばんわ。
久々に面白いネタに遭遇しました。
中々破壊力のあるネタです。
それでは参りましょう。

それは修羅の国(会社)での事。
俺様のPCに変なメールが来た。
差出人は店長。
部署は違うが、ちょうど俺様と同じくらいに修羅の国に入国(入社)
した人なのでそれなりに仲良くしている。
そういえば、あの3・11に帰宅難民になった時に一緒に帰ってきたこともあった。
店長という由来は前職が某ファーストフード店の店長だったから。
そんな店長から、「ちょっとお話が。」というメールが来たのだ。

「何だ?・・・この感じは? このザラつきは?」

ちょっと怪訝に思うもとりあえず店長がいる上の階へ足を運ぶ俺様。
すると店長が「ここで話すのも何なんで。」と踊り場へ連れ出される。
「○○さん(俺様)ってシングルだよね?」と聞く店長。
「ええ、まあそうですけど。」と俺様。
「それなら紹介したい人がいるんだよ。」と店長。

・・・?一瞬、意味がわからなかったが、そんな話が来たので 
少し食いついたそぶりを見せる俺様。
店長曰く、その人が言うには35歳くらいで大卒の人がいいとの事らしく
俺様にしようという事らしいのだ。
ふーん、婚活ってやつなのね。
店長曰く「年は俺と同年代くらいだと思うんだけど・・・。」
店長は俺様より二つ上。
ってBBAじゃねーかよ。
BBAって手出したらアウシュビッツ収容所行きだろ?
いえ、別にBBAが悪いわけじゃないよ。
いやー、そんな事言えるご身分でもないのも俺様自身よくわかってる。
そんな事を考えていると、「相手がなかなか見つからなくてさあ。」と店長が続ける。
オイオイ、相手が見つからないって地雷じゃねーかよ。
そんな地雷を俺様に処理させようっていう店長が鬼に思えた。

「犯人は赤い服を着ていた。」という理由で
赤いリード線を切って時限爆弾を爆発1秒前で処理するスキルが
俺様にあると店長様はお思いですか?


そう言いたくなるも結局、店長に

「会うだけでいいから。」

と押し切られる。
「じゃあ、日にちは来週の水木金くらいに新宿でということになると思うから。」
と言われて店長のお達しをしばし待ち、その3日後くらいに
「例の話は来週の土曜日になりました。」
とメールが来る。
土曜日ってやる気なのか?
やる気だろ。
やる気だよ店長。
逃げ出したくなるも何やらネタの臭いがしたので

「見せてもらおうか連邦軍のモビルスーツの性能とやらを。」

という事でその日を待つ事にした。

つづく。
スポンサーサイト

この記事に対するコメント


この記事に対するコメントの投稿
















この記事に対するトラックバック

トラックバックURL
→http://seiteijuujiryou.blog38.fc2.com/tb.php/621-5aaa4218
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
ランキング

おきてがみ

おきてがみ

ブログラム

blogram投票ボタン

ブログ内検索

RSSフィード
月別アーカイブ

ブロとも申請フォーム
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。