聖帝十字陵

サイドバック転向

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

懲役5日

こんばんわ。
修羅の果てまでもシリーズが一段楽したので
普通のネタ行きます。

実は一月の下旬に一週間ほど収監されてました。
ああ、ついに犯ったかとか、いつか犯るとは思っていたんですけどねぇ
とかモザイク越しに語れる機会がやってきたと喜んでいる人も
いるでしょうが、残念ながら、そっちじゃありません。
研修です。
研修ですよ。
これも部長と目が合って「行ってみるか?」で決まった研修。
そんな訳で、鉄の緑字の研修にご厄介になる俺様。
着いたのは・・・・ふぐすま。
ふぐすまで研修でした。
寒かったです。研修所の周りは何もありません。
さすがはふぐすま。

でも、何故か研修所内に飲む所は完備。
そこだけはしっかりやってる鉄の緑字。

で、研修中はあまりにも暇だから、そこで飲んでましたよ。
二日目からですけど。
その日にいきなり研修で一緒だった奴が
酔っ払って俺様にじゃれてくる。
しかも事もあろうに、奴は俺様にローキックをかましてくる。

「回復をはかる稽古台にもならぬわ」

と、指先一つでダウンさせようにも
その酔っ払いが180くらいいあって、しかもガタイがいい。
んが、俺様はもやし。
敵うわけがない。
そんなこんなで、奴のローキックが俺様の足に思いっきり入って
痛いとか通り越して膝に来る。
一瞬、膝が落ちかけたが、

「この拳王が地に足付くなど恥辱!!」

と、何とか踏ん張る。
まあ、そんな奴だから、なだめるのが大変でしてたよ。
結局、足の痛みは研修が終るまで取れなかった。

それから、肝心の講義はというと、勉強しておきましたよ。
睡眠学習という形で。
結局、飲んで終った研修で、終った頃には

「わが生涯に一片の悔いなし。」

な状態でした。
何だかんだで、時間がゆっくり流れていい骨休めになったしね。
犬神家の連中の事考えなくてよかったしね。

で、帰京。
その直後、最後のひと仕事が待っていた。
それは、外注会社の人達との懇親会。
早い話がジャイアンリサイタル。
勿論、死兆星が輝いていました。

いやー、族長をはじめ、花田さんやらローマの王子様の顔見たら萎えたわ。
メッシ君が満面の笑みで「お帰りなさい。」って言ってくれたけれど

「あたあ!!!」

と殴りたい衝動を抑えるのに必死だったよ。
愛されてるなあ、ネタの神様に。
つくづくそう思った。

そんな訳で今日はこれまで。
スポンサーサイト

この記事に対するコメント


この記事に対するコメントの投稿
















この記事に対するトラックバック

トラックバックURL
→http://seiteijuujiryou.blog38.fc2.com/tb.php/575-5c725f6f
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
ランキング

おきてがみ

おきてがみ

ブログラム

blogram投票ボタン

ブログ内検索

RSSフィード
月別アーカイブ

ブロとも申請フォーム
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。