聖帝十字陵

サイドバック転向

修羅の果てまでも

こんばんわ。
早速、次のネタへ行きます。
ええモチロン、今回も中学生日記です。
お付き合い下さい。

実は年末にかけて、入院保険の勧誘に遭っていた俺様。
今の保険に幾らかかってるか教えてくださいと電話が年末にあった。
「もし、わからなかったら一緒に電話してもらっていいですか?」
だそうです。
俺様が電話して、隣にエリカ様が。
何だ?そのシチュエーション?
ボッタクリバーの店員と客か?
そんな状況は少しばかり嫌だったので、後で調べておくよとエリカ様に説明。
ここで引き下がってくれたエリカ様。
そして、年末はこれで終り。

ここからは今年の話になるが
エリカ様担当変わっちゃう騒動の翌日、早速エリカ様から電話が!
「昨日、すれ違ったじゃないですか。それで思い出しちゃったんですけど
保険の値段聞いておいてくれました?」
と話すエリカ様。
ここで、俺様もはぐらかせばいいのだけど

「腹の探り合いも時には良いが、毎回そうではいささか胃にもたれる。」

という事で素直に教えてあげる。
そして、連休前の金曜日、不覚にもエリカ様に遭遇。
会いたくなかったので逃げようとすると
「何で逃げるんですか?」と行く手を阻まれる。
何でも、3連休中に保険の話を聞いて欲しいので、空いている日はありませんか?
との要望、巨乳上司同伴で。

「私を倒すだけの自身と覚悟があるのなら、
いつでも挑んできてかまわないぞ。」


と言いたい所だけど、2対1かよ・・・と顔を曇らせる俺様。
「二人でもいいですよ。」とエリカ様は言うけど、いつぞやの年金保険と
同じパターンになっちゃうよ。
土日は予定があったので、お引取り願ったが、月曜日どうしても会いたい
と言うもんだから、「予定がなかったらね。」と言ってはぐらかす俺様。
「じゃあ、日曜日に電話しますから、そのときに予定がなかったらお願いします。」
との事。
そして、日曜日。
かかってきては欲しくなかったけど、電話を待つ俺様。
30分経ってもまだ来ない。
ぼーけ、ぼーけ、待ちぼーけ。
愛しいあの娘はもう来ない
ぼーけ、ぼーけ、待ちぼーけ。
な状態になり、さすがの俺様も

「お前が望んだ事だ。望みどおりにしてやったからには、
私の前にでてくるだろうな。ミラクルヤン。」


という気持ちになる俺様。
そしてその日が過ぎた。

一体何なんだ?あのヤロウは?
もしかして、諦めてくれた?ラッキー。
なんて、能天気に思う俺様が失望する日は翌日だった。

つづく。

スポンサーサイト

この記事に対するコメント

永遠のエリカ様
保険屋は、同じ過ちを繰り返す…まったく…
【2011/01/15 23:37】 URL | カズ #- [ 編集]


今回は金髪の孺子回でしたねwww
【2011/01/22 15:26】 URL | さんぴん太郎 #- [ 編集]

出た
>少佐殿
同じか・・・
【2011/01/23 20:45】 URL | 悪代官 #- [ 編集]

さすがです
>さんぴん太郎さん
銀河帝国皇帝のお言葉を引用してみました。
彼も立派な代弁者の一人です。
【2011/01/23 20:47】 URL | 悪代官 #- [ 編集]


この記事に対するコメントの投稿
















この記事に対するトラックバック

トラックバックURL
→http://seiteijuujiryou.blog38.fc2.com/tb.php/570-cbd82f77
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
ランキング

おきてがみ

おきてがみ

ブログラム

blogram投票ボタン

ブログ内検索

RSSフィード
月別アーカイブ

ブロとも申請フォーム