聖帝十字陵

サイドバック転向

たまにはこういう日

こんばんわ。
今日は強制労働でしたが、犬神家ではなく業界の講習に参加。
毎年やるんだけど、今年で三回目。
最近は仕事的にも人間関係的にも

「私だって子供なのよ!だから勘弁して・・・」

って事が多いのでいい気休めになると思ったが、そこは犬神家。
この講習の講師・・・・恐ろしく偏屈なジジィなんですよ。
実は、この講習は実技があるのだが、コレに対してやたらと文句言ってくる。
最早、クレーマーってくらいな勢い。
そんな少し頭のイカれたジジィを相手にするのはちと嫌だなあ、と思い参加。
が、今日はそのジジィはいなくて、別の人が講師。
で、この人は至って普通な人。
普通に講習受けて普通に終了。

「所詮、連邦という看板が無ければ、何も出来んやつらめが!」

と毒づく事無く終ったので少し拍子抜け。
たまにはこういう日もあってもいい。


余談:今しがた「ポケットの中の戦争」を観終わりました。
六話しかないけど。
小ネタを探しながら観てる自分に対して

「正しい事なんてどこにも無い…自分に出来ることをするしか無いんだわ…」

と、自問自答してる自分が嫌だった。

セリフもそれなりに使えそうだけど
全六話のタイトルを見ていると、三秒先の未来を見たような気がした。
これはネタのタイトルに使えそうだ。
スポンサーサイト

この記事に対するコメント

第6話 ポケットの中の戦争
おまえら、いいかいよく聞いてくれ。このブログの中には俺様の証言を収めた会話や証拠の品が入っている。
この俺様が保険契約の目標になった訳を知る限りしゃべった。もし俺様が破産したらこれを裁判所に届けてくれ。
裁判長が本当だと信じてくれたら俺様は救われると思う。俺様が直接エリカ様に告白しようかとも思ったんだが何て言うか、そうするのは疑似恋の関係すら壊れるみたいに思えて、ここで告白すると自分が自分でなくなるような…
エリカ様とヤリたいとか、支配下に置きたいとか言うんじゃないんだ。
うまく言えないけど、あいつと…エリカ様と戦ってみたくなったんだ。
俺様が中学生日記だからなのか理由は自分でもよく分からない。おまえら、俺様は多分破産するだろうがそのことで生保の外交員や思わせぶりのエリカ様を恨んだりしないでくれ。
彼らだって、俺様と同じで自分がやるネタだと思ったことをやってるだけなんだ。
無理かもしれないけど他人を恨んだり自分のことを責めたりしないでくれ。これは俺様の最後の頼みだ。
もし運良く告白できて付き合えるようになったらさ、必ずこのブログに帰ってくるよ。自慢に来る。約束だ。
これでお別れだ。じゃあなおまえら。元気で暮らせよ、エリカ様にによろしくな。


と早めにネタを潰しておくテストwwwwww
【2010/06/29 22:54】 URL | カズ #HPWXH9gE [ 編集]


やめてぇー。カズさん…じゃなくてバーニィー。うわぁぁぁぁぁ。バーニィーもう戦わなくていいんだ。バーニィー!!

と言って悪代官さんの反応を見てみるテスト。
【2010/06/30 11:03】 URL | さんぴん太郎 #- [ 編集]

うぎゃー
>お二方
俺様:バラバラに吹っ飛んじまってる。ミンチより酷ぇよ。

エリカ様:バーニィにも挨拶をしておきたかったんだけど…
アルから伝えてくれる?私がよろしくって言ってたって。

これが現実です。
【2010/06/30 22:59】 URL | 悪代官 #- [ 編集]


この記事に対するコメントの投稿
















この記事に対するトラックバック

トラックバックURL
→http://seiteijuujiryou.blog38.fc2.com/tb.php/521-a5064326
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
ランキング

おきてがみ

おきてがみ

ブログラム

blogram投票ボタン

ブログ内検索

RSSフィード
月別アーカイブ

ブロとも申請フォーム