聖帝十字陵

サイドバック転向

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ホラッチョ

こんばんわ。
実はある国家資格を受けるよう総裁(部長)から言われ
断ろうとしたのだが
「そんな決定権がお前にはおまえにあるのか」
と言われしぶしぶ受験。
で、この試験は二次試験まであるのだ。
とりあえず関連会社で講習会やってるのでそれに参加。
一次試験の問題がそのまま出てたのでビックリ。
このお陰で一次は合格。
で、二次試験は記述式の問題と作文。
記述式の問題はキラキラ女子に
「サイコミュシステムの利点を二つ挙げよ。」
みたいな問題を答えさせる感覚なのだが
それは何とか暗記でカバーできる筈。
で、問題は作文だ。
何せやった事のない内容なので書きようがない。
んが、講習会の課題はこの作文を書いてこいというのがある。
ネットで検索してとりあえず書いて提出してみたが、
先生に「何書いてるのかよくわからん」と言われ
「やったことないでしょ?」と聞かれ正直にカミングアウト。
すると先生が「こう書くんだ。」と作文してくれた。
試験までにこの呪文のような文章をひたすら暗記。
ちゃんとした日本語なんだけれども、理解していない俺様にとっては
「タッカラプト ポッポルンガ プピリットパロ」みたいな感覚だった。
で、試験当日その呪文を紙に書いて終了。
数ヵ月後、結果が郵送されてきて、その結果は合格。
え?こんなんで合格なのか?やった事ないのにこの資格取れるの?
ある意味経歴詐称なんじゃねーか?
これで俺様はショーンKの事をああだこうだ言えなくなってしまいました。
とりあえずこの資格で仕事しないのでおとなしくしておきます。


スポンサーサイト

知らなかったよー

こんばんわ。
だいぶ前に我が家のネット環境が光回線に
強制変更になったものの全然速くない。
何故だ?光の速さは一秒間で地球を七周半するはずなのに。
小宇宙を燃やしてないからか?
魔鈴さんも言ってたけど、小宇宙を燃やさないと軽くならないよな。
「俺の小宇宙よ奇跡を起こせ。」と色々とペガサスの軌道を描きつつ色々と検索。
どうやらスイッチングハブに問題があったらしい。
ギガ対応してなかったよ。
思い立ったが吉川晃司、早速ギガ対応のスイッチングハブを購入。
つないでみて速度が露骨に違う。
青銅から黄金?くらいに速くなった。
「ザクとは違うのだよ、ザクとは。」
と思いながらエロ動画見てます。
飽きたらキスに打たれて眠りたいぜ~フォ~イエ~。
おしまい。

不意打ち

こんばんわ。
ネタを書けるときはできるだけ書いていこうと思います。
今週の火曜日くらいに不審な着信があって、
誰からなんだろうと出てみるとアキヤマ(仮名)さん。
アキヤマさんって誰?って思う方も多いと思いますが
一言で言うと使途ですよ。使途。
使途という名の保険屋です。
エリカ様の後継者です。
ずっと前に会ったとき
「ちゃんとこの番号登録しておいてくださいね。」
って言ってたけどすっかり忘れてたよ。
で、電話の内容は何でも契約している保険内容の確認ということでの電話らしい。
エリカ様のときもやっていたので、内容はだいたいわかる。
確認云々よりも勧誘だろ?勧誘。
つーか、アキヤマさんに全然放置されていたのですっかり忘れていましたよ。
「来たなプレッシャー」
という事で近いうちお時間ありますか?という内容の電話でした。
ああ、ぼちぼち繁農期っていうか頑張れ月間らしいのか
金曜日にアキヤマさんと会談することで話をつけてその日は終了。
当日はやっぱり勧誘も織り交ぜて保険の内容を相互に確認。
確認もきちんとやってくれたけどな。
どうやらちゃんと仕事はする人らしい。
年金保険について色々進められたけど、どーすっかなあ。
AV顔やエリカ様みたいにこの人もガンガン来るのかなあ。
そんな訳で、ちょっと大島優子に似たちんちくりんのアキヤマさんが
本格的にここで暴れないように願います。
ネタ的には美味しいんだけどね。

再び

こんばんわ。
最近シロニンジャーロスが激しいです。
そんな訳で面倒くさい案件が終了。
まだ事後処理が残ってるけど、あのクソ細かい担当者から開放。
で、次の案件を上司に「何やるんですか?」と聞くと
「○○(案件の名前)。」と教えてくれる。
それはいい。
んが、次の一言で俺様の頭に死兆星が輝いた。
「担当者また同じ人だから。」

スラッシィ池田ァアアアーーッ!!

またお前か。
マジでそんな気持ちになった。
てな訳でこれからも終わりなき戦いは続きます。
終わり。
ランキング

おきてがみ

おきてがみ

ブログラム

blogram投票ボタン

ブログ内検索

RSSフィード
月別アーカイブ

ブロとも申請フォーム
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。