聖帝十字陵

サイドバック転向

働けど働けど 我が暮らし楽にならざる じっと手を見る

こんばんわ。
今日も強制労働でした。
実は修羅の国では給与明細が電子化されてまして
人によってはそれを印刷して持って帰るんですよ。
この前、俺様が仕事で必要な書類を印刷してプリンターに取りに行くと
花田さんに呼ばれたですよ。
「コレおいて置いてまずいんじゃねーか。」と一枚の紙を手に。
それはメッシ君の給与明細。

「見せてもらおうか連邦軍のモビルスーツの性能とやらを。」

という事で申し訳ないけどちょっと拝見。
結構貰ってた。
メッシ君のクセにみたいな気持ちにもちょっとなるけど
会社規定で奴は奴なりに仕事しているのでそれはいい。
額面は俺様の方が貰ってるけど、手取りは奴の方が貰ってる。
うん、やっぱり税金だ。
去年の3~5月働かせられまくったからなあ。

「心をこめて引くのだ~!! 」

っていう位の強制労働だったからなあ。
ここの所、給与明細を観るとマジで脱税したいと思います。

あとは保険。
コレも結構腹立つ。

そして今日なんだか知らないけど、エリカ様からメールが来た。
何でももうすぐもうすぐ節分ですね。
今年の恵方はなんたらかんたらっていう内容だった。

「情けない!あのようなまがまがしい物言いを連邦に許すとは!! 」

という気持ちにさせられる。
エリカ様が鬼みたいに思えたので、今度あったら豆を投げつけてやろうと思った。
豆で語ってやろうと思った。
愛と怒りと悲しみをこめて。


スポンサーサイト

スクリュードライバー

こんばんわ。
昨日ですね例のごとく料理してたですよ。
ポトフなんぞを作りましてですね。
その時にジャガイモの皮を剥いていたんですよ。
最近の俺様は野菜の皮を剥く事が多くなりましてね。
その日もジャガイモの皮なんぞを剥いておりました。
朕子の皮を剥くほど上手くいかないけど、それなりに順調でしたよ。
で、このジャガイモ少しだけ芽が出てきたので
包丁でグリグリ芽のところをえぐる。

「ひとぉーつ、ふたぁーつ、そこー!!」

てな感じに順調に芽を取り除く俺様。
そしていよいよ最後の芽。
グリグリグリとえぐる。
ええ、えぐりましたよ、でも芽はまだそこにある。

「あれぇ?間違えたかなぁ?」

確かにえぐった筈だ。
芽が俺様の包丁をかわした?

「速い!シャアか?!」

そう赤かった。
確かにジャガイモ赤かったよ。
俺様の血で。

heart-4.gif

芽だと思ってえぐったのは俺様の親指。
痛かったです。
とりあえずバンソウコウして料理再開。
血に染まったジャガイモも鍋の中に入れる。
程なくしてポトフ完成。
昨日の夜と今日の朝美味しくいただきました。

余談:これを人に食わせたら、何かのイニシ○ーションに
なっちゃうから、ちゃんと俺様だけで食ったよ。

油と炭水化物のハーモニー

おこんばんわ。
今日ですね昼飯作るのが面倒くさくて外食したですよ。
ええ、まだ自炊はほぼやってます。
この前の昼飯なんぞはキャベツとツナのパスタなんぞをね。
味の方も作れば作るほど

「さらにできるようになったな!ガンダム」

という具合に上達はしてるんですけどね。
んが、たまにはメシつくるのもアレなんで外へ食いに出かける事に。
何を食おうか考えてると急にハンバーガーがが食いたくなった。
幸い近くにハンバーガ屋があったのでそこへ直行。
限定品のハンバーガーをを注文してそれを食う。
食ってるときにちょっとした事に気がついた。
トレーの上に敷く紙にある文言が目に入った。

「弊社は子供のために社会貢献をしています。」

という内容だった。
食を提供するって事で十分社会貢献してるのになぁ、
それでもなお社会に貢献ですかぁ、偉いなぁ とは思わずに

「たいした役者だったよ、シャア」

という気持ちになる。
俺様の中で子供とか動物とか弱者をダシに社会貢献を押し出す
企業ってあまりイメージがよろしくない。
いい事をしてるんだよという事で本来の業務に
いいイメージを乗せようとしているのが見え隠れするからだ。
しない善よりする偽善って言葉もあるけど、それはおいといて。
とにかく、世界経済を混乱させてボロ儲けしてる某投資会社とか
将来の病気に備えてと言う割りにいざという時に支払いを渋る某保険会社とか
そういう所って、やたらとボランティアとかいい事を前面に出す傾向にある。
甘く言えば「罪滅ぼし」ってとこなんだろうけど、
善行でカモフラージュするのが真の目的なんだろうと思う。
だって、ほら、子供の頃に観たカッコイイ銀色のアイツの歌に

悪い奴らは天使の顔して心で爪を研いでいるものさ

っていう歌詞があるでしょ。
その通りに思えた。


で、ハンバーガー屋の文言を見て思ったことは
「体に相当悪いモン食ってるんだろうなあ。」
という事だった。
そんな体に悪いモンでもおいしかったけどな。
しかも腹持ちいいし。
おかげで今日の晩メシゆでた野菜と刺身だよ。
そんな訳でもうハンバーガーは当分いいです。
あれ毎日食ったら気が狂うなあ。


お手伝いという名目

こんばんは。
今日も強制労働。
マイケル君が仕事で死にそうなので一部を俺様が負担。
あの内容なら致し方ない。
見殺しにできないので手伝いました。
その仕事が終わると対面から視線が。

「何だこのザラついた感覚は?」

メッシ君に呼ばれる。
話を聞くと仕事を手伝ってほしいとの事。
確かに奴も掛け持ちしてるけど、あれそんなに難しくないぞ。
つーか段取りが悪く、ケツに火がついたらしい。
そういやこの前も手伝ったような気がするなあ。
俺様が返事をする前にどうやらメッシ君は手伝わせる分を用意してるらしい。
ドサクサに紛れてメッシ君の分際で。
いやその前に人の都合を考えろよ。
もし俺様がNOって言ったらどうなるんだよ。
そんな事はお構いなしにメッシ君は仕事内容を説明しようとする。
書類を見ると姫野さんからのダメ出しが書いてあった。
どうやら、その修正が内容らしい。
メッシ君が説明しようとするも奴の説明は何言ってるかわからないし
姫野さんが書いてくれた内容で十分わかるので
メッシ君の説明を振り切って仕事に取り掛かる。
仕事をやってみたけど、こんなの人に頼むより
自分でやった方がいいじゃんっていう内容だった。
で、すぐに終わらせると「確認します。」という上から目線のメッシ君の発言。

「俗物め。」

心からそう思った。
別に忙しくないからいいけど、これがクセになると厄介だなあ。
そんなメッシ君は人の都合なんかよりテメーの事しか考えてない。

「世界の都合というものを洞察できない男は、排除すべきだ。」

実は修羅の国の上の方ではメッシ君追放計画が話に上がってるらしい。
でも、口実がないので今は冗談レベルの話ではあるけれども。
このままいくと本当に計画が実行されるのかなあ。
今はいいけど今後このように仕事を手伝うのが日常的になるのが嫌なので
次メッシ君に頼まれたら

「我に余剰戦力なし。そこで戦死せよ。」

とでも言っておこう。
つーか言いたい。


犬神家の会合

こんばんわ。
昨日ですね、犬神家の部内レクというのがありまして
東京タワー&屋形船行ってきました。
修羅の国からの補助金&犬神家のプール金で。
タダ飯&タダ酒だったのですが、疲れた。
まずは東京タワーで散策。
これが企画によると1時間半。
1時間半?30分で飽きるよ。
しかもエレベータ点検で上の展望台行けないし
見晴らしはよかったけど、ある方角に行くといやな気持ちになった。

「あたしを不愉快にさせたのはあいつか?」

俺様の目の前に現れた忌まわしき建物。
そう、俺様が4、5年前奴隷生活をしていた

中・央・帝・都

が見えるじゃないか。
無駄にデカイし。
ああ、俺様の手が光ってあのギロッポンのプレハブ壊れないかなぁ
などと妄想をしている内に展望台に飽きて下のお土産屋にも飽きて
時間を見てみると屋形船まで2時間くらい時間がある。
うーん、どうやって時間を潰そうかなあと族長たちと歩いていたら
やっぱり立飲み屋直行となる。
ジャイアンリサイタルが開催。
適当に飲んでいい時間になったので、屋形船に向かう。
この時ほろ酔い気分だったので帰りたかったけど、仕方なく屋形船に乗船。

屋形船では刺身と天ぷらが出て、それなりに美味しかった。
で、カラオケなんかも備え付けであったんだけど、
ここでメッシ君がバカ騒ぎ。
みんなでメッシ君を煽った事もあって、この後はメッシ君のオンステージ。
若い奴はメッシ君を弄って遊んでたけど、それ以外の犬神家メンバーは

「黙れ下種!」

という言葉の元、一致団結。
そして、ビンゴ大会なんかをやったりしたんだけどそれも微妙。
やっとこさ船が桟橋について犬神家レクが終了。
何故かものすごく疲れた。
で、族長やら花田さんも疲れたらしく、この後のジャイアンリサイタルは開催されず。
非常に珍しい展開になった。
それにしてもメッシ君は何とかならないかなあ。
ネタには困らないけど、俺様の精神が持たないよ。
仕事でもヤツのケツ拭かなきゃいけないし、何とかならないだろうか。

カチューシャ

こんばんわ。
実は昨日現場仕事が早く終わったので直帰してたですよ。
最寄の駅におりてエスカレーターで降りてたんですよ。
普通は右側が開いていて歩ける筈なのに、そこで立ち往生。
40前のロン毛カチューシャ革ジャンのオッサンが通路を塞いでいた。
邪魔臭いとは思うものの、ほんの数秒待てばいい事だし
別に急いでいる訳ではないのでそのまま歩く俺様。
すると、30代のヤンキー風の人がドタドタ降りてくる。
何か苛立っていたので、少し隙間を作って通してあげる。
そしてそのカチューシャおじさんの所で足止めされるヤンキー。
ヤ:「オウ、ここは人が通る道だろ空けろ。」
カ:「何でお前にそんな事言われなきゃいけなんだ。」
というような口論の後、ヤンキーが強固突破を試みるも
カチューシャが足でブロック。

「刃向かうものには死あるのみ。」

という事でヤンキーがカチューシャに飛び掛る。
ここでゴングが鳴って、ガチバトルがエスカレーター上で開始。
踊り場に降りてからも掴みあいやら殴りあいやら。
そこへ駅員さんが来て仲裁してたけど、あのままやってたら
カチューシャが勝ってたなぁ。
久々に物騒な事に出くわした。
この前なんて駅降りて少し歩いたら居酒屋の前でオッサンが店員に因縁つけてるし。
最近、民度の低さを感じます。
悪名高い○立区じゃねーんだよ。
隣の○飾区なのに。
両津じゃ治安維持できないのか?
石原軍団に治安維持させなきゃダメなのか?

そんな訳でここの所、モヒカンのヅラと肩につけるトゲトゲとバギーを
購入しようと真剣に検討中。

早く世紀末救世主現れないかなぁ。


インストール中

こんばんわ。
昨日のネタの通り、施主の東大出のオネーチャン(以下東大)と
ナメダルマ親方で現場調査でした。
とりあえず、東大は立会いという位置づけで。
何もわからない人なので状況を見てもらえれば少しでも
仕事がやりやすくなるし、本人の希望もあって立ち会ってもらった。
あとは何かあった時の責任の落としどころの役目。
言うなれば鉄砲玉。
鬼?悪魔?鬼畜?
しょうがないじゃん。
施主様の土地で調査してそこに施主様の人間がいるんだから
何かあったら最終的に責任とるのが世の常なんだから。

「君はいい友人であったが、君の父上がいけないのだよ。フフフフ、ハハハハハ」

ということです。
仕事自体は別に淡々とこなし、この際だから東大にお勉強してもらった。
先生はナメダルマ親方。
たまに俺様が聞きたいことがあったんだけど、教えるのに熱が入って
俺様は置き去り。
悪気はないのだけれども、東大に仕事を妨害される俺様。
このくらいわかるだろ?って事もまだわからないというか経験してないので
今後話を有利に進めるために俺様も少しばかりその輪に加わったりした。
つーか、その位緑の鉄で教育しろよ。
立派な研修所あるんだから。
まあ、今回の担当者がこんな感じなのである意味やりやすいんですけどね。

「強化しすぎたか。」

くらいにならないように生かさず殺さずやっていこうと思います。
お互いにね。

勉強はしないよりもしておいた方がいいわ 

こんばんわ。
今日ですね、犬神家を脱走しようとしたときに
ついうっかりメールチェックなどをしてしまいまして、
前に終わった案件について緑字の鉄から問い合わせのメールがあった。
俺様の帰宅を邪魔するなよ。
でもまあ、この人は二年目で右も左もわからないオネーチャンだから
ちょっとかわいそうだから残業して問題に答えようとした。
んが、ちょっと前のことだったので・・・アルツ気味の俺様は記憶が曖昧。

「おまえは今まで食ったパンの枚数をおぼえているのか?」

という事でスルーしてやろう、そうだ!スルーだ。
ウヒヒヒと考えてると、明日現場で会うんだよなぁという事を思い出し
仕方なく記憶の糸をたどる。
メールを読み返すと書いてあることがよくわからない。
何が言いたいのかわからない。
どさくさに紛れて自分で調べろよ的な内容も書いてあった。
しかもこのオネーチャン東大卒らしいし、俺様より数倍頭いいくせに。
ああ、勉強のできるバカって人種も世の中にいるしなぁ。

「貴様のような奴がいるから戦いは終わらないんだ。」

そう思っても仕事からは「逃げられない。
その前に俺様の理解力じゃ難解な文章だどうしよう。
困ったので電話した。
話を聞いてみると、わかんねーよなって所と俺様がごめんなさいな所と

「あえて言おうカスであると。」

な所があってそれなりにカオスでした。
しかし、このオネーチャンなんだけど、そこそこかわいくて、そこそこいい子で
東大卒で頭もいいはずなんだけど、何かこう訳わかんない事が多いんだよね。
会社の立場上奉ってるけど、何とかならないかなって時が多々あります。
仕事を抜けばかわいくていい子なんだけどね。

あとひとつというか物一番腹の立つことがひとつ。

彼女は人妻なんです。
エリカ様みたいにドキドキできないじゃないか。
エリカ様みたいにハァハァできないじゃないか。

「始めは私に期待を抱かせて、最後の最後に私を裏切る…!
ジュドー・アーシタ!お前もだ!」



そう心から叫びたい今日この頃です。

ヒッキー

こんばんわ。
世間は三連休。
俺様も三連休。
所要以外は一歩も外に出ませんでした。
引きこもり。

「我々は三年待ったのだ。」

というくらいの引きこもり。
それはいい。

明日から犬神家だ。
ナメダルマ親方当てにならねえしなぁ。
社内ニートだよ、ナメダルマ親方は。
まぁ、要所で役に立つからいいけど。
あの半休は納得いかない。
今度これをネタにしよう。

主婦生活

こんばんわ。
最近は強制労働中に
「今夜のおかずは何にしよう?」
これを考えながら強制労働に勤しんでおります。
隣のナメダルマ親方の独り言なんてそっちのけで。
都民に返り咲いてはや3ヶ月ほぼ自炊です。
リアルの俺様を知る人なら、アイツに刃物とか持たせちゃいけないよ、
あのトチ狂ったヤツが飯作るのか?とか思うでしょうが、とりあえずやってます。
打倒もこみちで。
アイツ高いところから塩とかコショウふってるけど、アレ片付ける大変なんだぞ。
前やってみたらエライ事になったよ。
で、今日はポトフなんかを作ってみました。
いや、簡単だった。
あれならアホでもできるよ。
だって、俺様ができたんだもん。
んが、作りすぎてしまい

「これでジオンはあと十年戦える。」

な状態になってしまい、明日もポトフです。
そして、掃除に洗濯です。
これで昼ドラとミヤネ屋を見るようになったら完全に主婦ですよ。
ミヤネみたいに隠し子いないけど。
うん、とにかく誰か貰って。

サイレント・ヴォイス

こんばんわ。
今日も犬神家で強制労働です。
メッシ君がイカレています。
俺様の隣に座っているナメダルマ親方。
実は今やっている責任者なんだけど、本来彼がやる仕事を俺様が。
依存がないわけではないが、遅かれ早かれやらなければならんので
聞きながらやっている。

「貴様のようなのがいるから戦いは終わらないんだ。」

という気持ちを少し残しながら仕事する俺様。
そんなナメダルマ親方は午前中で「出先」という名の半休で犬神家を後に。

それはいい。

午後になると新年の挨拶とかで出入り業者が挨拶に来る。
その中に見慣れた顔が。
よく見ると前の部長だった。
目が会うと俺様に仕事を押し付けてくるあの悪魔が再び!
前の部長も緑字の鉄からの天下り。
で、また違う業者に渡った前の部長。
まずは現部長である総裁に挨拶。
そして族長やら姫野さんやらローマの王子様とかに挨拶して
なぜか俺様の所へ来て挨拶して名刺を貰う。

「何かすごく変な感じですね。」と俺様。
だってつい半年まで上司だった人がやけに低姿勢なのに冷や汗が出る。
「そんな事ないよ。」と前の部長。
現職の頃からそうだったけど、この時も笑顔だった。
おきらくごくらくな笑顔。

そりゃ天下りで渡れれば笑顔になるよな。
俺様なんか綱渡りのエブリデーだっつーの。
軋んだ綱が心で揺れてるんだっつーの。
そんな前の部長から貰った名刺を見ると

執行役員

と書いてあった。
ふーん、いい人生歩んでるなあ。

優しい目をした誰かに会いたい。
そう思った午後の強制労働。

今宵はここまでに致しとうございます。

次こそは

こんばんわ。
今日から犬神家で今日から直会(なおらい)。
しかしながら、今日は人がいないため
その後のジャイアンリサイタルは回避。
あーネタがないよどうしよう。

「あー、聞こえんなー?」

という心の叫びが聞こえた。
そう、ネタはしっかりある。
またしても奴です。
困ったときのアイツです。

昼飯を食い終わってゴミ捨てようと廊下に出ると・・・。
もうここでわかると思いますがアイツです。
今回はオプション一人連れて登場。
そう、エリカ様のご登場です。

「来たなプレッシャー。」

とりあえず挨拶してスルーすると、エリカ様が接近。
「あのーこの前言ってたカレンダー持って来ました。」
だそうです。
そういうのは去年渡すもんじゃねーの?
と考えていたらエリカ様曰く、「中々お会いできなくて。」との事。
もうエリカ様がカレンダーくれないからどっかの業者から
カレンダーをもらってきたっつーの。
エリカ様の持ってくるやつよりもはるかに使いやすいっつーの。
本当なら「いらない。」ですむんだけど、折角エリカ様が持ってきてくれたのだかから
ありがたく受け取る俺様。

「意外と… 兄上も甘いようで」

どこからともなくそんな声が聞こえたよう気がした。
そしてエリカ様がさらにカバンからなにやら取り出す。
「これ新年用に。」と世界に一人づつの柄が入ったタオルを差し出した。

「俗物が私に?」

タオルなんかより欲しい物があるのにな。
それでもとりあえず貰っておいたが、ちょっと怖かった。
なぜならば、何か裏がありそうな・・・。
ああいう販促物は確かエリカ様の自腹だった筈。
もしかして次のがんばれ月間は俺様がターゲット?
フフフ。楽しみだ、実に楽しみだ。
これで久々に面白いネタができる。
ええ、次は絶対に負けないつもりですから。
次は容赦しませんから。

フフフ修羅の血がたぎるわ。
契約したら乳くらい揉ませてくれないかな。
あああ、次は絶対に勝つ。
来るのかわからないけど、とりあえずそんな意気込み。

あけおめことよろ

あけましておめでとうございます。
新年明けちゃいましたね。
いかがお過ごしでしょうか。
俺様は年末スノボから帰ってきてからは
自堕落な正月を過ごしてましたよ。
テレビをつけてもつまらない。
もうなでしこジャパン飽きてきたし。
つーか、偽ウルトラマンみたいなカラーリングした
ユニフォーム着てる代表の人達もうお腹いっぱいだよ。
あのチンパン面飽きたよ。
鮫島出せよ。
SA・ME・SHI・MA
鮫ちゃんがでてこなくさびしい俺様。

そんな俺様なんですが、暴飲暴食がたたって少し胃の調子が悪い。
それでも急に無性に二郎系のラーメンが食べたくて
昼飯時に近所のそういう所に行ってみた。
至って健康なときに野菜マシに挑んでみたが

「ぬう!! お・・おれは拳王!
拳王は決してひざなど地につかぬ!」


な状態になったので、今回はとりあえず普通盛りで。
いざ食ってみると胃にもたれた。

「退かぬ!媚びぬ!省みぬ!」

でとりあえず完食。

しばらく胃にもたれたので夕食はホレンソウのおひたしと冷奴。
やっぱり調子の悪いときは二郎はよくない事がよくわかった。
そして明日から犬神家です。
あしたからアルコール。
初日からアルコール。

「肝臓が持たんときが来ているのだ。」

と言ったって

「エゴだよそれは。」

で片付けられる犬神家。
ああ、刻が見える。



そんな訳で今年もよろしくお願いします。
ランキング

おきてがみ

おきてがみ

ブログラム

blogram投票ボタン

ブログ内検索

RSSフィード
月別アーカイブ

ブロとも申請フォーム