聖帝十字陵

サイドバック転向

続々修羅の果てまでも

こんばんわ。
大変お待たせしました。
研修とかで更新できませんでした。

前回の続きです。
連休明けの終業後、エリカ様から電話が。
何でも入院保険の話を聞いてもらいたいとの事。
今回はこれが争点。
「あ~、昨日はごめんなさい。何かあったら叱ってくださいね。」
と、エリカ様はのたまう。
ん?自分の頭で考えず、あまつさえ人に短所を指摘させるだと?
こういった輩はピンポイントでダメ出しすると逆ギレするヤツが
多いので、少し辟易する俺様。
つーか、もう一人の俺様が俺様に

「『バカめ』と言ってやれ。」

とささやく。
しかし、現実問題そんな事をいうつもりもないので
「他所様の人を叱るなんてできませんよ。」とかわしておく。
その厚かましさどうにかならねーかなーって思いながら。

そして、エリカ様を会議室に招き入れる。
そこからエリカ様の説明が続く。
「勉強の成果を見てくださいよ。」と一枚の紙を差し出す。
何だか、この年齢で契約するとこれだけオトクですよ、っていう計算だった。
・・・これがエリカ様の言ってたお勉強の成果?

「あえて言おうカスであると。」

そんなのもうやってたし、年齢の値段間違えてたし。
そこを指摘して、すこしあせるエリカ様。

こ の ゆ と り が

そんな俺様の気持ちをよそにエリカ様の説明が続く。
何でも契約に当たって健康診断書が必要なんだそうな。
「いや、肝臓悪いから多分、契約できないんじゃないの?」
歴戦のジャイアンリサイタルでついに肝臓がやられた俺様に向かって
「いえ、それでもいいから持って来て下さい。」
と、エリカ様が食い下がる。
つーか、肝臓ちょっと悪いのにねぇ、持って来いなんてさあ・・・

「フフフ、それにしてもいい度胸だ。ますます気に入ったよ。」

という事で持って行く事に。
そして、事態は着々と進んでいった。



スポンサーサイト

続・修羅の果てまでも

こんばんわ。
前フリなしでネタ行きます。
前回の続きです。

この前の三連休の最終日、いつになく平和に過ごす俺様。
そんな日の夜、携帯が鳴る。
着信を見ると、『エリカ様』の文字が!
(俺様はリアルにエリカ様で登録してあります。)

「俗物が私に?」

そんな気分で電話に出る。
「あー、もしもし。今やっと一件契約取れたんですよ。
今日はもう遅いから、明日話し聞いてもらっていいですか。」 との事。

「嫌いだね。そういうベタベタしたのは。」

と思いながらも、棒読みで「おめでとうございますー。」
と話す俺様。
「あの~電話遅くなってすいません。」とエリカ様が切り出す。
「遅いも何も昨日かけるって自分で言ってたじゃないですか。」と俺様。
「だって、今日の予定わからないから、その前の日にかけるって
自分で言ってたじゃん。」とさらに話をする。
すると、エリカ様が「ええ?あ、そうでしたね。」と、ちょっと慌てる。
エリカ様曰く、手帳に電話かける日にちを間違えて書いたそうな。
そんなんで、大丈夫なのか?アイツは頭大丈夫か?
つーか、いけしゃあしゃあと電話かけてくるんじゃねーよ。
「いやー、うっかりしてましたよ~。」とエリカ様。
うっかりしすぎだっつーの。
あわよくば、マジで修正したくなった。

こ れ だ か ら ゆ と り は

オイ、それでこの俺様に契約を迫るというのか?

「よくもずけずけと人の中に入る!恥を知れ、俗物!!」

とリアルに言いたくなった。
でも、これで話を終らせる訳にはネタ的にヤバイので、一応

「これで終わりにするか、続けるか シャア!」

と問いただしてみたが、そこはエリカ様。

「そんな決定権がお前にあるのか?」

と言わんばかりに

「まだだ、まだ終らんよ。」

な感じになったので、明日話を聞いてやることに。
ふふふ、これでまたネタが増えた。
どうなる事やら。



余談:つい前までは、俺様に目をつけられたばっかりにネタにされて
ある意味被害者だと思っていたエリカ様が実はネタキャラだった
ことに気がついた。
やっぱりココでMVP獲るだけの事はあるんだなあ。
「シャア・・・私と来てくれれば、ん。」
改めてそう思った。
今のエリカ様ならOPBやエスパー、リバーシブル兄貴と肩を並べられそうだ。

エリカ様・・・恐ろしい子。

修羅の果てまでも

こんばんわ。
早速、次のネタへ行きます。
ええモチロン、今回も中学生日記です。
お付き合い下さい。

実は年末にかけて、入院保険の勧誘に遭っていた俺様。
今の保険に幾らかかってるか教えてくださいと電話が年末にあった。
「もし、わからなかったら一緒に電話してもらっていいですか?」
だそうです。
俺様が電話して、隣にエリカ様が。
何だ?そのシチュエーション?
ボッタクリバーの店員と客か?
そんな状況は少しばかり嫌だったので、後で調べておくよとエリカ様に説明。
ここで引き下がってくれたエリカ様。
そして、年末はこれで終り。

ここからは今年の話になるが
エリカ様担当変わっちゃう騒動の翌日、早速エリカ様から電話が!
「昨日、すれ違ったじゃないですか。それで思い出しちゃったんですけど
保険の値段聞いておいてくれました?」
と話すエリカ様。
ここで、俺様もはぐらかせばいいのだけど

「腹の探り合いも時には良いが、毎回そうではいささか胃にもたれる。」

という事で素直に教えてあげる。
そして、連休前の金曜日、不覚にもエリカ様に遭遇。
会いたくなかったので逃げようとすると
「何で逃げるんですか?」と行く手を阻まれる。
何でも、3連休中に保険の話を聞いて欲しいので、空いている日はありませんか?
との要望、巨乳上司同伴で。

「私を倒すだけの自身と覚悟があるのなら、
いつでも挑んできてかまわないぞ。」


と言いたい所だけど、2対1かよ・・・と顔を曇らせる俺様。
「二人でもいいですよ。」とエリカ様は言うけど、いつぞやの年金保険と
同じパターンになっちゃうよ。
土日は予定があったので、お引取り願ったが、月曜日どうしても会いたい
と言うもんだから、「予定がなかったらね。」と言ってはぐらかす俺様。
「じゃあ、日曜日に電話しますから、そのときに予定がなかったらお願いします。」
との事。
そして、日曜日。
かかってきては欲しくなかったけど、電話を待つ俺様。
30分経ってもまだ来ない。
ぼーけ、ぼーけ、待ちぼーけ。
愛しいあの娘はもう来ない
ぼーけ、ぼーけ、待ちぼーけ。
な状態になり、さすがの俺様も

「お前が望んだ事だ。望みどおりにしてやったからには、
私の前にでてくるだろうな。ミラクルヤン。」


という気持ちになる俺様。
そしてその日が過ぎた。

一体何なんだ?あのヤロウは?
もしかして、諦めてくれた?ラッキー。
なんて、能天気に思う俺様が失望する日は翌日だった。

つづく。


新型が・・・

こんばんわ。
年が明けても犬神家です。
年明け一発目、昼飯に無性にエースコックのわかめラーメンが
食いたくなって、コンビニへお昼時に直行した俺様。
お目当てのブツを手に入れて、会社へ戻り、ごきげんな俺様の目の前に
見慣れない女の人が立っていた。
別会社の人かなぁ?と特別気にかけなかったのだが、
彼女の発した言葉が俺様を震撼とさせた。

「こんにちは。○○生命です。」

え?エリカ様担当変わっちゃったの?
やべー、ネタがぁ、俺様の貴重なネタがぁぁぁ!!
ぱっと見この人を見ると、AV顔ほど強引でもなく
エリカ様ほどネタ的に香ばしくない。
うーん、コイツと新・中学生日記?それも微妙だなぁ。
とにかく、新たなる使途に挨拶されたもんだから

「見せてもらおうか、連邦軍のモビルスーツの性能とやらを。」

という気持ちを隠しつつ、俺様も挨拶。
挨拶は基本ですからね。
それはいい。

エリカ様が変わったというのはかなりの痛手だったけど

「戦いは非常さ。そのくらいのことは考えてある。」

という事でで、その日一日と次の日は仕事をしつつ、
コイツをどうネタにするかということばかり考えていた。

そして、仕事が終って帰ろうとした時、エリカ様に遭遇。
「あ、本年もよろしくおねがいします。」
とエリカ様。
エリカ様に遭遇したもんだから、単刀直入に
「担当変わるの?」と聞いてみる。
「え?まだまだ頑張りますよ。」とエリカ様。

何でも、エリカ様曰くヘルプで同期連れてきたそうです。
ヘルプって・・・キャバクラかよ。
そんな事を考えながらも、嬉しいような悲しいような気分になる俺様。
チェンジもありかなぁ。
とりあえず、ネタ的に面白ければどっちでもいいんですよ、最近は。

そして、その翌日、早速エリカ様から電話があった。
そんな訳で今年もバトルは続きます。

「私とてニュータイプのはずだ!!」

そう思いたいけど、どうなることやら。

謹賀新年

あけましておめでとうございます。
ネットに戯言を綴って早10年が経ちました。
カサンドラ投獄時代に始まり、今は中学生日記がメインです。
さて、そんな中学生日記だったのですが、

「嘘だと言ってよバーニィー」

やら

「ワシのワシのデビルガンダムがぁぁ・・・」

を通り越して、

「ギレン総帥が戦死なされた。」

な状態になってしまい、去年で完結させようと思っていたのですが、
このブログを知ってる人に何人か顔を合わせる事がありまして
必ずといっていいほど、中学生日記について聞かれました。
面白いとの感想をいただいております。
そして、10年来のマニアから来た年賀状には

中学生日記楽しみにしているんで
エリカ様とはハッピーエンドにもバッドエンドにもならずに
エンドレスでお願いしますwww


と直筆で書いてありました。
実は勧誘ネタがまだ残ってるんだけど、どうすっかなー?

「これで終わりにするか続けるか、シャア。」

と選択を迫られている時に、というか今日、ポストを開けると

エリカ様から年賀状が届いてました。

当然、住所はあちらの会社から。
「今年の春で入社3年目を迎えます。今年も温かいご支援の程、
宜しくお願い申し上げます。」


と直筆で書いてありました。
直訳すると、「また契約しろや。」って事なんだろうけど
何か切ないなぁ、と思うのと同時に

「まだだ。まだ終らんよ。」

という気持ちに強制的にさせられた年賀状でした。

つーか、あの人、ココ見てるんじゃねーか?
そんな事を考えて更新している自分がいます。
さて、明日から犬神家です。
またしても終りなき日常が始まります。

あと一息!諸君らの力を私に貸していただきたい!
そして私は・・・父、ジオンの元に召されるであろう!!


この言葉を新年の挨拶と替えさせていただきたく存じます。
そんな訳で、本年も宜しくお願い致します。









余談:エスパーはナターシャと離婚したそうです。
4度目の結婚に挑むべく、次のターゲットは風俗嬢に決めたらしいです。
どうなることやら。
ランキング

おきてがみ

おきてがみ

ブログラム

blogram投票ボタン

ブログ内検索

RSSフィード
月別アーカイブ

ブロとも申請フォーム