聖帝十字陵

サイドバック転向

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

拉致は突然に

こんにちは。
最近、犬神家の自分の机の卓上カレンダーに
アルコールを入れた日はドクロマークを書くことに決めました。
今月は4回、先月は6回、先々月は10回です。
いやもう、アル中一直線?その内、健康診断の結果見て

「私の戦闘力は5300000です。」

バリにγーGTPの数値を競うようになるのかなあ
そんな事を考えます。

金曜日の夕方、マイケル君から拉致のお誘いが。
来週の火曜日に人間ドックあるんだけどなあ・・・。
断る事を考えるも、面子を見ると、族長もいた。
族長と花田さんで人間ドック一緒に行くんだっけなあ。
そういう事考えると、族長に後で何か言われそうなので、
半ば、ヤケ気味で参加。
拉致を聞かされたとき、筋違いかも知れないけどマイケル君に

「不愉快なことを言うな。」

と言いたくなったが、恐らく返事は

「現実はもっと不愉快です。」

となるはずだから、それはスルー。
それからよくよく聞いてみると今回のジャイアンリサイタルの黒幕は
花田さんで、本当は花田さんも参戦予定だったんだけど、風邪引いてリタイア。

「貴様、それでもジオンの将か!」

と言いたかったが、風邪引いたなら仕方ない。
で、ジャイアンリサイタルが開幕。
今回は別に特にネタもなく淡々と飲んでおしまい。
帰りに族長とマイケル君でラーメン食いに行ったんだけど、
その時に族長が合コン行って来たらしく、その次にもまたそのメンバーでやるらしい。
が、人数の関係上、族長は除外され、その後、主催者から説明がなかったらしい。
その主催者は悪霊島のアイアン氏。
族長はかなり頭にきたらしいので、ドッキリを仕掛けようとしているらしい。
何か族長も面白いことやってるなあ。

「活気に満ちた時代が来そうね。」

そんな気がした。
そして、俺様も借り出してもらいたいと思った。
ネタになるから。









[Read More...]
スポンサーサイト

柔肌

こんばんわ。
最近、電気カミソリで上手くヒゲが剃れないので
普通のカミソリに転向する事を決意。
綺麗に剃れるかな、ウフフ。
という事で、カミソリ購入。
だが、ここで欠点が。
俺様は肌が弱い。
弱いが肌は綺麗だ、世界が嫉妬するくらいに。
最近は経年劣化で女子高生に負けるが、
女子大生ならなんとか勝てる と思う。
アラサー?

「しかし・・・何と他愛のない。鎧袖一触とはこのことか。」

同年代?

「戦闘力・・・ たったの5か・・・ ゴミめ・・・。」

てな具合に。
勿論購入したのは「キレテナーイ。」ってヤツ。
あと、ジェルも購入。
そして、いざ剃ってみる。
まあ、確かに剃れるんだけど、

「いてぇよ~!!」

と叫びたくなるのをガマンして何とか剃り終わる。
鏡を見ると剃った後が真っ赤。
そして、床に赤い液体が滴り落ちたので、あごを触ってみる。
指には赤い液体が!

なんじゃこりゃあああ!!

キレテナーイなんて嘘じゃねーかよ。
思いっきり切れてるじゃねーかよ。
とりあえず、あまりにも血が出たのでカミソリでヒゲを剃るのは断念。
電気カミソリで剃るのに再び逆戻り。

「俺はお前の血で化粧がしたい。」

という、命知らずな特攻野郎がいらっしゃったら、ご一報下さい。
化粧して差し上げます。
オホホホホ。

登場人物紹介

こんにちは。
最近、登場人物の整理が付かない人もいるんじゃないか
と思い、登場人物紹介をやってみようと思います。

その前に誰かわからない訳わかんないセリフをどうにかしろ
という意見がありますが、それは

「利いたふうな口をきくなー!!」

という事でスルー。
いえ、この解説をするとものすごく面倒になるので割愛させて下さい。
どうしても元ネタを知りたい方は、ガンダム、北斗、銀河英雄伝説
その他ジャンプ黄金期に連載されていたマンガを読んでいただけると
訳わかんないセリフの7割はわかるかと思います。

まず、登場人物の前によく出てくる用語からご説明いたします。

犬神家・・・今の会社で所属してる部署。
他の部署は獄門島やら八つ墓村など。
因みに会社は修羅の国。

常磐族・・・良く飲みに行く人達。
常磐線沿線に住んでいる人が多かったのでこの名前が付いた。

ジャイアンリサイタル・・・飲み会。翌日はほぼ戦闘不能になる。

拉致・・・ジャイアンリサイタルへのお誘い。

中学生日記・・・エリカ様(後述)とのやりとり。
俺様が不甲斐ないばかりにこの名前がつく。

とまあ、用語はこんなもんにして、登場人物をば。


犬神家

俺様・・・ここの書き手。内容はほぼ俺様の愚痴。
ストレス解消のために書いている。
ネタまみれの人生を送っている。

族長・・・先輩っつーか上司。
常磐族の族長。色々世話になってます。酒魔王。

花田さん・・・拉致担当。彼からの電話やメールのほとんどがコレ。

ナイツ氏・・・常磐族。いろいろな意味で拉致被害者。

マイケル君・・・常磐族、拉致被害者。千円オマ○コ事件の当事者。

ローマの王子様・・・色々な意味でトラブルメーカー。
が、そのトラブルはほとんどネタになる。
お世話になってます。

部長・・・犬神家の部長。親会社からの天下り。
目が合うと仕事を振ってくる悪魔。

総裁・・・谷垣総裁似の担当部長。何かと俺様をいじってくる。

メッシ君・・・ファンタジスタ。歩くネタ。彼の挙動不審がネタを生む。
神が創りたもうた創造物。もはやそのネタは伝説に近づいている。
次期創世王候補。

姫野さん・・・先輩。枕詞は「このブタ野郎。」


保険屋

エリカ様・・・保険屋。モデル体系の美人。現在の最大のネタ供給源。
10歳下。俺様がゾッコン。2件ほど契約してしまった。次期創世王候補。
最近気がついたけど結構天然。

AV顔・・・エリカ様の前任者。狂犬のようにしつこい勧誘で出入り禁止に。
彼女の名前で検索すると水着写真が出てきます。

とりあえず、まだまだいるけど、ここ2~3年の主な登場人物を書いてみました。
こうしてみると結構人材は豊富かもしれません。
何か不明な点があれば、答えられる範囲で答えようと思うのでご一報を!

今宵はここまでに致しとうございます。

逃亡者

金曜日のジャイアンリサイタルでメッシ君のおかげで
エリカ様から指名手配された俺様。
あのバカが俺様からエリカ様の携帯の番号教えてもらったと
言いやがるから、エリカ様に遭遇できない身になってしまった。

「俺は叛逆者になるのは、一向に構わん。
だが、叛逆者にしたてあげられるのは、ご免被りたい。」


という気分で、月曜も火曜もエリカ様を見かける。
俺様だって命はまだ欲しいので、エリカ様から身を隠して行動。
もうね、メタルギアソリッドよろしく行動してましたよ、社内を。
これじゃあ、エリカギアソリッドだなあとも思いながら。
そして昼休み、水を飲みにエリカ様が来ないであろう時間に廊下へ出る。
廊下に出ると俺様の視界がスローモーションで写った。
目の前には長身のスーツを着た女性が俺様めがけて歩いてくる。

「私のこと好きだっていうの、忘れないよ」
「君か、エリカ様・・・君にやられる・・・。」

殺られるより犯られたい・・・。
「ごめん、フレデリカ。ごめん、ユリアン。ごめん、みんな・・・。」
そう三秒先の未来が見えかかった所で、エリカ様が俺様の目前へ登場。

「絶対に許さんぞ、虫ケラども!!じわじわとなぶり殺しにしてくれる!!!」

と言う訳でもなく、意外にもエリカ様はいつも通りスポーツ新聞のビラと
今回は珍しくポケットティッシュをくれた。
ここで、命拾いをしたと、そそくさと退散しようとするも、エリカ様が
「この間の飲み会どうでしたか。」と口を開く。
「いや~、何かやっちゃったみたいだったから、しばらく会うの怖くて
逃げてたよ~。」と弱気な発言の俺様。
ここから、今回の世間話の話題がコレになる。
「んな、大丈夫ですよ、それよりも随分盛り上がってたみたいですね。」
「まあ、それなりにね。」
「あの~、電波悪かったんですけど、地下だったんですか?」
とか、そんな話をしばらくする。
それからその他諸々の世間話を少々した所で開放される。

そして、帰り際エリカ様が、口元を隠しながら
顔を少し赤くしてニヤッっとしながら
「殺すなんてしないから。殺す訳ないじゃん。」
と、ブツブツ言っていた。

・・・よくわかんねー人だなあ。
聞こえようによっては「もぉ~、バカなんだからぁ~。」に
聞こえなくはないけど、この人の行動はよくわからない事がたまにある。
もういい加減そろそろ勘違いしてもいい頃なのかなあ。
それにしてもよくわかんねーよ。


おしまい。

暴走

※今日はちょっと長いです。

金曜日に新入社員歓迎会という名の
ジャイアンリサイタルがありました。
犬神家公式行事ではなく、内々で。
そして当然メッシ君も参加。
で、このメッシ君酔っても酔わなくても邪魔臭い。
奴がはしゃぐ度にみんなのテンションが反比例してガタ落ち。
メッシ君をどうしようか常磐族で作戦会議。
決定した事は、その前日に駅伝大会の集合写真が会社のサーバーに
上がっていてその写真を見たら見慣れない女の人が最前列でしれっと
我が社の女性社員の如く写っていたので、
「誰だ?コイツは。」ってのが、ちょっと話題に上がった。
その女の人ってのがエリカ様でメッシ君が誘ったらしい
という話になっていた。
そこら辺を問い詰めてみようという事で作戦会議は終了。

いざ、ジャイアンリサイタルが始まる。
そして案の定、メッシ君がはしゃぎだす。
テンションが下がるみんな。
そこで、作戦決行。
メッシ君曰く、「キミも来るかい?」と言って誘ったと豪語。
んが、実際はエリカ様から「行ってもいいですか?」なんだけどな。

「アムロあんたちょっとセコいよ。」

という気持ちになる。
それを聞いたローマの王子様が大激怒。
メッシ君に先を越されたのと、彼が散々誘ってるのにも関わらず
エリカ様が全くその気に応じないのからだ。
「絶対に誘ってやる。」とローマの王子様が憤慨。

それはいい。
そしてメッシ君のある性癖について話は言及。
言い出したのは花田さん。
その性癖とはちょっと気になる女性がいるとオカズにするという習性。
「で、抜いたの?」花田さんが聞く。
すると臆面もなしに「はい。」と答えるメッシ君。
もっと聞くと、我が社の40歳以下の女子社員は全て抜いてるようだ。
「お前、誰でもいいんじゃねーかよ。」と一同大ブーイング。
あー、今後しばらくエリカ様の顔見れねーよ。
メッシ君が抜いたってのが頭に離れねーよ、笑っちまいそうだ。
それから、駅伝大会も誘えたんだから、誘ってみろという話に。
「いや~、ちょっと恥ずかしくて~。」とメッシ君。
「いや、行けるよ。かけてみなよ。」と一同。
すると、メッシ君が「ボクの事好きなのかなあ。」とのたまう。
ええ、寒い空気が周辺を漂いましたよ。

「卿の羞恥心はどの方角を向いていたのか?」

と、聞きたくなった俺様がいた。
それでも固辞するメッシ君を後押しする一同。
ようやくその気になったが、番号を知らないというので番号を教えてあげた。
電話に出るエリカ様。
「あ、メッシです。いや~、悪代官さんに教えてもらって電話しました。」
とのたまいやがる。
・・・そういう事言うなよ。
俺様の心中は穏やかじゃなくなる。
そんな中、メッシ君は人を悪者に仕立て上げて
「やったー、番号ゲットしちゃった。」と大喜び。
もうね、臆面もなく調子こいて喜んでるメッシ君を見て

「黙れ下衆!」

と叫びたくなる俺様。
結局、仕事がどうとかで断られるメッシ君。
その後、何故かローマの王子様がメッシ君の電話に出てエリカ様と会話。
が、電波がよくないのでと切られる。
電波がよくないって・・・やるなエリカ様。

「露骨すぎるな、その表現は。あらゆる布石を惜しまぬ、
ということにしておこうか。」


という気持ちになる。
とにかく、アレだ。
とりあえず、お尋ね者になっちゃったので、
しばらくエリカ様に遭遇しないようにしよう。
あー、どうしよう。
それはそれでネタになるからいいけど。

そんな事を考えながらジャイアンリサイタルを過ごした。
違う意味で阿鼻叫喚だった。
あべし。

ファーストコンタクト

こんにちは。
エリカ様とメッシ君の夢のコラボが実現したというのは
先日お話しましたが、早速ネタが出来たのでご報告をば。
エリカ様とメッシ君のファーストコンタクトの日、
その日は親会社主催の駅伝大会の前日。
メッシ君は選手として駆り出される。
応援に行けと役員から通達があるものの、犬神家は部長も含めて

「あー、聞こえんなー。」

でスルー。

そして、メッシ君が駅伝大会の話をエリカ様に話したらしい。
そしたら、何と!エリカ様の方から、「職場に近いんで行きます。」との事。
その後、エリカ様と遭遇した俺様はエリカ様からその事を聞かされる。
「6時にアポがあって、それまで暇だから観に行こうと思うんですよ。
悪代官さんは走らないんですか?」

「愚劣な事を言う。」

走るわけねーじゃん、もうそんなに若くないし。
「死んじゃうからやめとくよ。」と答えると
「えー、そうですかあ。それなら応援にいらっしゃらないんですか?
私も行くのに。」

「ずけずけと人の中に入る。恥を知れ俗物!」

つーか、その日は友達と野球観に行くんで観に行けないので
その事を話すると「そっちの方が大事ですね。」とエリカ様。
その時はそこで開放。

その後、オフィスに戻るとメッシ君が自分の席でニヤニヤしていた。
そしてPCの画面を見ながらブツブツ何かつぶやいていた。
聞いてみると、「エリカ様が来るんだ。がんばるぞー。グフフ。」
というお言葉だった。

キモい。

そんな気持ち悪いメッシ君を見て

「汚物は消毒だぁぁぁ!!!」

と思ったのはここだけの秘密。
つーか世の常だ。
あー、すっかりときめいちゃったよ。
人の事言えないけど。
邪魔者がまた一人増えました。


そして、昨日新人歓迎会という名のジャイアンリサイタルがあったんだけど
そこでもまた、この件でネタが発生しました。
それは次回に。
今宵はここまでに致しとうございます。

夢のコラボ実現

こんばんわ。
最近なんですが、エリカ様を毎日見かけます。
どうやらハイパーがんばれ月間らしいです。
いろいろな人に声かけてます。
そして、その中にメッシ君もいました。
エリカ様やるなあ。
あの狂犬のようにしつこかったAV顔(前任者)が避けたほどの男を・・・。
酔っ払いをあしらう事のプロである温泉コンパニオンが
さじを投げるほどの逸材を・・・。
いや、この事を知らないのかわからないけど
命知らずな特攻野郎Aチームなエリカ様に脱帽。
それだけ必死なんでしょうけどね。
新卒補正が効かなくなってきたからかもしれませんけどね。
とにかく、ここのネタキャラ1、2が夢のコラボを果たした訳ですよ。
今後が楽しみです。

それはいい。
しかし、エリカ様。

「最初は私に期待を抱かせ、最後の最後で裏切る、
ジュドー・アーシタ、貴様もだ・・・!!」


という気持ちに何度もさせられる。
そんな訳で次こそは

「せいぜい言いくるめられん様に気をつける事だ。」

という言葉を身にかみしめようと思います。

「気にするな。高い授業料を払ったと思えばよい。」

とならないように。

中学生の苦悩

こんばんは。
さて、そろそろ行きましょうか。
皆さんの楽しみにしている中学生日記をば。
実はしばらくエリカ様とは遭遇していませんでした。
先々週、先週と俺様はほとんど社外にいたので。
そして今週はエリカ様とそこそこ遭遇。
そこそこ世間話。
んが、俺様に対して素っ気無い。
それもその筈。
何故ならばエリカ様の会社はがんばれ月間らしく新規顧客に余念がない。
そりゃ、もうある程度食い尽くした奴よりも
まだ手付かずな奴に愛想や色気を振りまくさ。
俺様だってそうする。

「悲しいけどコレ戦争なのね。」

エリカ様からすれば俺様にそう言うだろう。
それはいい。
今日も一応エリカ様に遭遇。
昨日出張で長野行ったので、地域限定のお菓子を買っていたので、エリカ様におすそ分け。
それから適当に世間話。

そして、エリカ様は色々と新規開拓。
色々大変そうなエリカ様を見て

「ふっふっ。腐った連邦に属さねば貴様も苦しむ事はなかったろうに。」

という言葉が頭に浮かんだ。
そして、世間話の最後にエリカ様が
「12月忘れないで下さいね。」との事。
すぐに「お金貯まったらね。」と返しておいた。
ああ、こういう運命なのね。
そう思うも、そう思ったけど

「運命?運命などに俺の人生を左右されてたまるか!
俺は、俺自身の長所によって成功し短所によって滅ぶだろう
全て俺の器量の範囲内だ。」


そういう言葉が頭に浮かんだ。
いやー、保険屋は難しいなあ。

信濃路へ

こんばんは。
今日も元気に強制労働でした。
が、今日はいつもと違う労働内容で、その中身ってのが
消防署と打ち合わせなんですよ。
主に施主様と消防署の人が話をするのを側で聞いてるだけなんだけど
その消防署の場所ってのがチョーノいや、長野。
朝から新幹線と在来線乗り継いで、消防署まで行き、打ち合わせが約一時間。
強制労働のほとんどが移動という大変素晴らしい仕事内容でした。
勿論、お土産も買ってきましたよ。
それと某契約ターミネーターが最近元気ないので、
その分も買っておきましたがね。
ネタの為に色々働いてもらうためにね。

そんな訳で、今日は事務所で部長のアホ話やら
メッシ君のバカ面など津々浦々を見て

「なぎ払え!」

とか

「焼き払え!」

と心の中でつぶやかない精神状況で仕事出来た事が一番良かった。
その前にコレ仕事っていうのか?っていうのはスルー。
明日から、また

「俗物め。」

という毎日が始まります。
所詮人間そんなものです。
人は日に米は三合、畳は一畳あれば十分。
あまり精神状況とかどうとか言っちゃいけませんね。
欲張り過ぎないように、俺様。
でも、腹立つことは腹立つ。
だめにんげんだもの。

ハルマゲドンの後始末

こんばんは。
先週の日曜日に8月の終わりごろ行った
常磐族in熱海旅行の上映会に行ってきました。
この旅行もそれなりにネタあったけど、時間の都合上お蔵入り。
まあ、阿鼻叫喚を通り越してハルマゲドンだった。
そんなハルマゲドン(旅行会)で撮影した写真やら動画やらを上映する事に。
会場は最近マンション買ったイジリー氏宅。
酒やらツマミやらを分担して買いこんで

「これでジオンはあと10年戦える。」

というようにして上映会が開始。

内容は・・・ひどかったですよ。
みんな酒入ってるので、はしゃぎまくりやらカラオケで音程外しまくりだの
「さくらんぼ」を熱唱して皆さんが大盛り上がり。
族長は胴上げされてるし、とりあえずいつもの阿鼻叫喚通り越して
ハルマゲドンに近いものがありました。
そんな臆面なしに弾ける他人は面白いのだが、自分のが映ると
ものすごく恥ずかしくなる。
で、そこで麦汁が進む、各自の番になると記憶を消すが如く飲みまくる。
そしていつもどおり満身創痍になって上映会は終了。

普通ならここで終るはずなのだが、そこは常磐族。
再び、サイゼリヤで2次会が始まる。
俺様は 「あー、聞こえんなー。」 でごまかしたものの却下。
心の中で 「てめえらに今日を生きる資格はねえ!!」 
と叫びながら参戦。
赤ワイン、白ワインデカンタで2本ずつ消費。
もうね、飲みながらでも 「てめえらの血は何色だぁぁ!!」
って心の中で叫びながら飲んでた。死兆星が見えてるし。
そしてそこも終り、やっとこさ帰路の途へ。
方角的に族長と俺様が一緒になり、二人で帰って行く事になる。
まさか、またやるとか言ねーよな、と考えていたら、予想通りに

「次どうする?」

と聞いてきやがる族長。

「ウソだと言ってよ、バーニィ!!」

と言いたくなるものの、相手は族長。
飲みたいという意思は何やっても変わらないので、
もうここは 「退かぬ!媚びぬ!省みぬ!」
でもう一軒行く事に。
まあ、軽くでしたけどね。
族長も結構ヤバかったみたいで。

そしてやっと開放され家路に付く足取りは

「拳王が地に足付くなど恥辱!!」

ってくらいへべれけでした。
無論、死兆星は力強く輝いていた。
そして次の日、上映会に参加した面々は

「…あ?大きな星がついたり消えたりしている…。
あっはは。大きい!彗星かなぁ?
いや、違う。違うな。彗星はもっと…バァーッて動くもんな。」


と、虚ろな顔で各人出社。

「暑っ苦しいなぁ…ここ。出られないのかな?
おーい、出して下さいよ。ねえ!」


って位にみんなヤバかった。
飲みすぎはよくない。
それでもまた飲むであろう、これが常磐族いや、犬神家。

死のロード

こんばんわ。
ご無沙汰しておりました。

ここ数ヶ月ですけど、会社の卓上カレンダーに
髑髏マークをつけることにしました。
アルコールを口にした日には。
先月はおとなしく5回、先々月は10回でした。
このままだと本当にくたばりそうだなあ。
でも、現時点では

「僕の肝臓、まだ動いてる」

なのでご安心を。

さて、そんな俺様ですが9月の29日に族長御自ら俺様を拉致。
西日暮里でジャイアンリサイタル。
その帰りにバシルーラを唱えられ寝過ごし、タクシーで帰宅。
戦績:生大4杯 ハイボール4杯。
俺様は次の日休みいれたからよかったけど、
族長とナイツ氏は死兆星を見ながら出社し、花田さんはリタイヤ。
因みに族長はハットトリックだったそうです。

一日空いてその次は10月の月初めなので、我が社の変な風習、直会(なおらい)。
月初めは会社で酒と食い物を用意してくれる不思議な日で、費用は会社持ち。
そこでつい最近まで「空が落ちてくる。」だったメッシ君が顔色よく登場。
この前まではあまりにも死にそうな顔していたので、柄にもなく心配して声をかけると

「分かるかおまえに!蛇が頭の中でのた打つような感覚!
…分かってたまるか…あんな!あんな感覚は…」


という反応をしていたメッシ君が完全復活。
相変わらず挙動不審な行動で皆さんを呆れさせていました。
もうちょっと仕事で苦しんでりゃ、おとなしくなって丁度いいんですどね。
まぁ、臆面もなくはしゃぐ彼を見て

「強化しすぎたか。」

と思いました。

そして明日は8月の終わりに行ってきた犬神家で行った熱海旅行の反省会
という事で、録画しておいた阿鼻叫喚な地獄絵図を上映するそうです。
またしても、ジャイアンリサイタルですよ。
きみは生き延びることができるか?
そう自分に問いかける自分がいます。

おしまい。






ランキング

おきてがみ

おきてがみ

ブログラム

blogram投票ボタン

ブログ内検索

RSSフィード
月別アーカイブ

ブロとも申請フォーム
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。