聖帝十字陵

サイドバック転向

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

アメとムチ(後編)

こんにちは、さっそく後編いきます。

3倍働いてるエリカ様がその日の夕方に襲来。
ドア越しに獲物を物色しているエリカ様。

「そういう時は身を隠すんだ!」

と、エリカ様から死角になるように身を置いた。
見つかれば携帯が鳴る。
どうやら逃げ切ったらしいと思い、安心して仕事をしていると
携帯がなってしまう。
着信は当然エリカ様から。
やっぱり、バレてたのね、エリカ様は伊達じゃない、と思っていたら
「今、駅ですか?」と聞かれる。
「今仕事。」と答えると、エリカ様は「下にいるので来て下さい。」との事。

「よろしい、本懐である。」

という事でエリカ様の元へ。
「今日いなかったんで、どうしたのかと思いましたよ。」
「いや、だって・・・隠れてたから。」
「ええ、そういうのやめて下さいよ。」
そんなやり取りの後、早速本題へ。
つーか、また勧誘。仕事だからしょうがない。
「ここで立ち話もアレですから、ド○ール行きません?」とエリカ様。

「エリカ様の言やよし。」

という事で、駅前まで一緒に行くことに。(徒歩10分)
その間、世間話をする。ちょっと幸せな俺様。
そなんこんなで、目的地に着き飲み物を注文する。
そこで、エリカ様はコーヒーが苦手という事が発覚。
俺様も苦手なのだという事で少し話は弾む。
そして、エリカ様がちょっとドキッとする言葉を放つ。

「いつもはアイスティーなんだけど、
○○さん(俺様)だからコレ頼んじゃおうかな。」

と、クリームが入った甘いやつを注文するエリカ様。

・・・ここで俺様はまたしてもハートを鷲掴みされる。
かなり大ダメージだった。

「痛かったぞー!!今のは痛かったぞー!!」

そのくらい来た。
フジモンの時といい、今回といい、エリカ様は何がしたいのかわからない。
これは俺様に「行け」といっているのか、エリカ様が

「勝利か死かではない。勝利かより完全な勝利かだ。」

という事の為のワナなのかはわからないが、また思わせぶりを発動させる。
そして、エリカ様と世間話がまた始まり、ここで改めてエリカ様から
「あ、いた!」ってのはいいけど、スルーは勘弁してくれと言われる。
そして、本題の勧誘が始まる。
今回は例の100万円のやつに続き、入院保険を持ち出してくる。
とりあえず、話だけは聞いておきその場をやりすごした。
そして、例の100万円のヤツの話になったので
「お金貯まったらね。」の一点張りで逃げる。
それでも食い下がるエリカ様。
「忙しくなくなったらね」と同じ意味で解釈して欲しいと告げたら
「違う」と否定されるも、結局、合言葉は「お金貯まったらね。」にされてしまう。
ま、いつなのかは決めてないので、こっちとしては問題ないけどな。

そんなこんなで、今回の勧誘は終わりになり
エリカ様はまた獲物を物色しに修羅の国(会社)へ。
俺様は帰宅へと相成り、帰り際心の中で

「貴官の勇戦に敬意を表す、再戦の日まで壮健なれ。」

とつぶやいておいた。
再戦の日なんて近いんだろうけどなあ。
明日とか明後日とか。

またネタが増えそうです。
スポンサーサイト

アメとムチ(前編)

こんばんわ。
メッシ君が病んでます。
うわ言を言ってます。
このネタはまた後日。

さて、皆さんお待ちかね。
中学生日記のお時間がやって参りました。
それでは中学生日記レディィーゴォォォ!!

昼休み昼寝から目が覚めた俺様は給湯室へ水を飲みに行く。
ドアから出るとエリカ様が出現。
「こんにちは。お邪魔してます。」
とりあえずエリカ様に挨拶。
給湯室には新入社員が二人いた。
給湯室に入ってくるエリカ様。
エリカ様にとっては格好の獲物である新入社員。
逃す手はない。
エリカ様の邪魔しちゃ悪いので、今回は素直に退散しようとする。
するとエリカ様は、「悪代官さん、コレ読んでくださいませ。」
と可愛らしくスポーツ新聞のビラを差し出す。
くださいませ? 「ませ」だと?

「嫌いだね。そういうベタベタしたの。」

と心の中でつぶやく俺様。
俺様の背後ではエリカ様と新入社員が楽しそうに話す声が・・・。

「僕が一番ガンダムをうまく使えるんだ。」

と、半ば悲しい気持ちでつぶやくと同時に

「愛ゆえに人は苦しまねばならない。
愛ゆえに人は悲しまなければならない。
こんなに悲しいのなら・・・・」



愛などいらぬ!!

という気持ちを抑えるのが大変だった。
ちょっとは喋っておけばよかったな、と思った二日前の昼。

余談:そして今日の昼もエリカ様に遭遇。
エリカ様曰く、今月はがんばり月間との事なので
3倍がんばってますとの事。
アンタはシャアか?





[Read More...]

アイドル伝説

こんばんわ。
サカつくも一段落したので、ネタいきます。

数ヶ月前、メッシ君は仕事がなくて困っていた。
やる事がない、一体何をすればいいのだろうと。
「部長達は何を考えているんだ。」
「このままボクを飼い殺しにするのか?」
と給湯室来る人かまわず熱く語っていた。
勿論、俺様もその被害に遭う。
無論、俺様はそんなアホらしい事は聞いてられないので

「それは一人前の男のセリフだ。」

と鎧袖一触。

そして、ここ3ヶ月くらいにようやく仕事を与えられたメッシ君。
意気揚々と仕事にに勤しむも、出来のよろしくない彼の事・・・。
どハマリして、死兆星が見えてます。
そんなメッシ君も入社4年目。
このくらいなら普通にできるんだけど、

「ふっ! 情けない奴だ。 貴様やはりあの頃から変わっちゃいない。」

っていう位、1年目や2年目の頃と変わっていない。

「変わっちゃいないんだあの頃と。あの頃と! 
あの頃と! あの頃と! あの頃とぉぉぉぉ!!」


っていう位あれなので、当然困るわけなんですよ。
彼の能力はともかくとして、そんな状況だから
「部長達は何を考えているんだ。」
「辛い、苦しい。」
とか、「責任者のあの人は頭がおかしい。」
もう責任転嫁やら泣き言やらのオンパレードなんですよ。
給湯室で。
そういう事を言うなとは言わないが、あまりにも言いすぎなんですよ。
勿論、俺様もその被害に遭っているですけども、

「惰弱な。」

とか

「笑止な。」

と、あまり取り合わなかったんですよ。
それでも、まだ泣き言を言ってくるもんだから

「あきらめたらそこで試合終了だよ」

と優しい言葉をかける訳もなく


「我に余剰戦力なし。
そこで戦死せよ。」


と言い放っておきました。
その位やってもらわないと困るからね。
それでも彼は辞めずにやってますけどね。
要は構ってちゃんなんだろうけど、もっと大人になって欲しい。
と、そんなどうしようもないメッシ君なんですけど
凄い所が一つだけあるんです。

それは、ジャイアンリサイタルの時に常に話題に上がるんですよ。
上がらない日はないんです。
犬神家の人間が話をすれば、必ずメッシ君の話題になります。
ある意味人気者ですよ。
そんな犬神家のアイドルメッシ君は、今日も仕事を頑張っています。
でも、ここではアイドルにまだなれませんね。
そう、アイツがいるから。

てな訳で今回はこの辺で。
うわらば。




小悪魔じゃないよ

こんばんわ。
うっかり、サカつくに手を出してしまい、更新しませんでした。
出来ないんじゃなくて、しない。
申し訳ありませんでした。

早速、中学生日記をば。

ある昼休みに昼寝からから起きた俺様は水が飲みたくて給湯室へ行く。
ドアから出るとエリカ様が立っていた。
いきなり遭遇したので驚く俺様。
すると、エリカ様は驚いたのを察したのか
「新入社員ですか?」と俺様をからかう。

「フン、でかい口を叩くようになったな小僧。」

という事で、「じゃ、アンケート書きます。」とボケる俺様。
すると、エリカ様は満面の笑顔。

「気安いな。」

エリカ様よりも水だという事で、給湯室へ直行。
コップに水を入れていると、エリカ様が小走りでやってくる。
すぐ近くなのに何で小走り?

「構ってくれるのはありがたいけど、アンタは怖いんだよ!」

という気持ちになる。
また保険の資料でも持ってきたのかと思っていたら
上目遣いでちょっと可愛らしいしぐさをして差し出したのは
スポーツ新聞のビラ。
一面はフジモンとかそいいう俺様を誘惑するネタじゃなくて
森本が2点入れたとかそんなサッカーの内容。
それから、阪神がマジック点灯しちゃうよ、どうしようという
巨人トークやその他諸々の世間話で終了。

何か最近、思わせぶりがひどくなってきたぞ。
これじゃあ、小悪魔通り越して悪魔だよ。
頭に「666」の刻印あるかどうか、今度頭見せてもらおう。
ランキング

おきてがみ

おきてがみ

ブログラム

blogram投票ボタン

ブログ内検索

RSSフィード
月別アーカイブ

ブロとも申請フォーム
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。