聖帝十字陵

サイドバック転向

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

もう中学生

こんばんわ。
最近というか、今年に入ってこのブログはもうエリカ様の一人勝ち。
つーか、もう★野さん越えたかもしれないって言うくらいの進化ぶり。
お陰で犬神家の愉快な仲間達のネタがダブついてきました。

「相手は同じ高校生、同じ背丈、同じ年、頭の中もそう変わらんだろう
なのにお前らゼロか!?ゼロのまま悔しくないのかーーーー!!」


ちょっと強引かもしれないけど、そんな言葉を彼らに浴びせたいです。
そして、「悔しいです。」と言わせてみたいです。
ええ、それから俺様の鉄拳制裁ですよ。
拳を涙で濡らしながら。
ええ、彼らをネタの花園に連れて行くべく。
これからは彼らをもっとプッシュして行こうと!
ストップ・ザ・エリカ様!
ワンフォアオール、オールフォアワン!
そう心に決め、会社帰りの中、ネタを考える俺様。

会社から駅まで歩いていると、「今、○子!」と前方から
聞き覚えのある声がした。
よく見てみると、長身の女性の後姿が!
「来たな!プレッシャー!」
エリカ様登発見。
かといって、己の歩みを速めるわけでも遅めるわけでもなく
「帝王に逃走はないのだ。」
という事で制圧前進。
すると、エリカ様は牛歩?ってくらい遅かったので、追いつく。
追いついたので、「どうも。」って挨拶したら
「あー、こんなとこで会うなんて。」とのたまう。
そして、いつもどおり世間話。
夏休みは友達と伊東や伊豆行くだとか、今日は仕事が早く終っただとか、
そんな話をして電車を待つ二人。
電車に乗って席に座って、エリカ様がカバンからゴソゴソと何かを取り出す。
・・・まさか、ここで勧誘が始まるんじゃねーだろーな?と思っていたら
「ここで保険の話はしませんよ。」といわれる。
出してきたのは一枚の写真。
表彰された時の写真なんだそうです。
その写真を見せられてから、紫外線の話になり、俺様もエリカ様も色白なので
「NO!紫外線!」の話から、サングラスは目に楽だという話に。
俺様がサングラスを手放せないが、かけると怪しさ満載という話になり
「見てみたい。」と社交辞令で言いやがったので、仕込んでいたネタを披露。
写メをみせてやる、ちょっと爆笑するエリカ様。
そしたら、この前友達の結婚式に出席した時のエリカ様を写メで見せてくれた。
髪の毛がアップだった、何か銀座?とかそんな感じがした。
それから、「女の子は色々お金がかかるんですよ。」としみじみ語られる。
「ああ、そうだねぇ、化粧とかも大変だもんねぇ。」
とか調子を合わせてると西日暮里到着。
ここで、エリカ様とバイバイ。
「じゃあ、またいたら会社で。」
「明日もいます!」
ここで妙な自己アピールするから、俺様のハートをガッチリ掴むんだよ。
ここで、自分がエリカ様に弱いわけが判ったような気がした。

とはいえ、エリカ様と初ですよ、一緒に帰ってきたの。
いや~、マジで自分が中学生になった気分だった。
エリカ様との一連の絡みを「中学生日記」
評した総統はスゲーと思った。

スポンサーサイト

カミカゼが吹いた

昨日ちこっと車乗ってたですよ。
優先道路を普通に走ってる俺様。
脇道から別の車が右折待ち。
止まるだろうなと思っていたら、その車が突っ込んでくる。

「ジオン公国に栄光あれー!!」と。

とりあえずアクセル踏んで逃げようと思ったら
あえなくクラッシュ。

「直撃を受けているのか!?」

バカヤロー、ぶつけるんじゃねーよ。
誰だ?ぶつけたバカヤローは。
若いクソ姉ちゃんか?免許取立てのクソバカヤロウか?
保険入ってねーとかそういうのやめろよ、と思って
車を止めて、相手の車も止めさせる。
で、降りてきたバカヤローはお年寄りでした。
ジィさんよ、判断力鈍ってるから免許返上してくれよ、世の中のために。
とりあえず、警察呼んで状況見聞。
相手の連絡先聞いてとりあえず保険屋(エリカ様じゃないよ)に連絡。
畜生、ついてねーよ。
幸い、怪我もなく、車の被害も右側の後ろのドアを
こすった程度だったのが不幸中の幸い。
が、己の不幸を呪うがいいという気持ちは収まらなかった。

で、今日保険屋から電話が来たんだけど、過失は
8.5(あっち):1.5(俺様)だそうです。
どうせなら9:1にしろよ。
本当に車もカスリ傷程度なので、保険使いたくない。
等級下がるしなあ。
ちょっとゴネてみようかなあ。
でも、その人近所に住んでるから、
あんまりえげつない事できないしなあ。
常識の範囲で交渉してみようと思います。


忍び寄る影

こんばんわ。
最近ですが、エリカ様の魔の手が犬神家にも迫ってきました。
そして、ローマの王子様がその餌食となってしまいました。
保険の見直しとやらで。
多分、俺様の勧誘ネタはコレだと思っています。
それはいい。

そして、ローマ王子様はエリカ様を飲みに誘ったらしいのですよ。
族長が煽って。
実は俺様も族長にやたらと「誘え。」と言われる事しばしば。
何度か押してみたんですけど、向こうはやる気ナシ。
そんな訳でこの作戦はあえなく撤退となっていた訳です。

そして、エリカ様はローマの王子様に
「二人きりじゃなければ。」と言ったそうです。
で、ジャイアンリサイタルの時に電話がかかってきて
話を進めるローマの王子様。
その横で族長が俺様に「先越されたな。」と嬉しそうに言って来る。
誘うならアンタが誘えよと思うも、そんな事は言えず。
どうせ、ドタキャンされるのが関の山だよ。
「紙の上に血を置いた物など何の証明になりましょう!」
と、心の中でつぶやく。


実はローマの王子様は我が社の女子社員からすこぶる評判がよくないです。
酔っ払うと触ろうとしたり、抱きついたりするからと色々あるわけですよ。
そんなローマの王子様VSエリカ様。
やべーじゃん、俺様を差し置いて・・・。

「おのれ~ 下級戦士ごときが。」

という気持ちになるも、未だにその話は頓挫。

あー、俺様の時と同じパターンだなあ。
このままフェードアウトする気だよ、エリカ様。
ちょっと安心したのと、エリカ様の思わせぶりな態度に呆れ気味な俺様。
が、エリカ様も気を悪くさせないで断るの大変だなあ
と、同時に同情する俺様。

「腐った連邦に属さねば、貴様も苦しむことはなかったろうに 。」

という言葉が頭に浮かんだ。

でも、ローマの王子様はともかく
一回くらい商法じゃないデートしたいなぁと思う俺様が嫌だった。
またドツボにはまるのかな。

何故なんだ

いそいそと強制労働に勤しむ俺様。
俺様の背後からワキを突かれた。
やべ、秘孔突かれたよ。
誰だよ?つーか

「僕にホコリをつけたのは、親以外では君が初めてだよ 」

という気分で後ろを振り返る。
どうせ、族長やメッシ君辺りだと思っていたら
総裁だった。

総裁は50代半ばで七三分けの谷垣総裁似のオッサン。
皆が言うには「あの人はマジメだ。」とか「話しにくい。」
とか言われてるけど、そうじゃない。
みんな騙されてるよ。
つーか、総裁は何故か俺様だけをいじるんですよ。
そんな総裁・・・何かわからない事があって他の人に質問してると
突然割って入ってきて、色々教えてくれたりする。
まあ、それはそれでありがたいのだが・・・。
そんな訳で、たまに俺様のこと好きなのか?って思うことがある。

こんな俺様でも人に好かれるのは悪い気はしないけど、
もっと他の人に好かれたいと思った。
うわらば。

ドル箱がないと辛い

連休前に給湯室でメッシ君に捕まる。
そこで、仕事の忙しいメッシ君の愚痴が始まる。
「何で俺ばっかり仕事よこすんだよ。」
(・・・実際そうじゃないし、結構配慮してると思うけど・・・)
「朝の挨拶の声小さくしろって注意されるし、しない奴どうなんだ。」
(・・・半分はそうだと思うけど、お前の声でかすぎるし・・・)
「秋口に行く研修、何で俺じゃなくてお前なんだ?」
(・・・知るか。部長に聞け・・・)
とまあ、30分くらい愚痴のオンパレードだった。
※カッコ内は俺様の心の声。
ネタにはなるけど、ある意味きつかった。

だって、全部・・・

「坊やだからさ。」

で済む問題なんだもん。

明日から犬神家だ。
中学生日記書けるかなあ。
あれは読者の食い付きがいいからなあ。
エリカ様って書いとけば、これでアクセス二桁になるし。
レトルトカレーにポケモンの絵乗っけるだけで、
売り上げが上がるのと同じだからなあ。

「私はあこぎな事をやっている。」

そう思った夏の日の夕方。
でも、本当にあこぎなのはエリカ様だと思う。

明鏡止水

えー、こんばんわ。
実は土日名古屋行ってました。
ジャイアンツ愛巡礼で。
しかしながら、ジャイアンツ愛巡礼という趣旨とは裏腹に
いつも通りの阿鼻叫喚なジャイアンリサイタルでした。
族長いなかったけど。
最後に辿り着いたのは怪しいインターナショナルパブ。
そこで、俺様はペルー人に「アナタカッコイイネ。」と言われた後
その次に来たポルトガル人とコタツとミカンと列島24時について
熱く語り合う隣で、マイケル君は下着姿のブラジル人におっぱい
見せてもらったのが、たいそうお喜びだったらしく
「今度はオ○○見せて。」とせがんだら
「ワンドリンク、センエンクレタラミセテアゲルヨ。」と言われ無条件降伏したものの
結局見せてもらえなかったというネタを作る。
で、このネタで今回のMVPを獲得しました。

さて、ココからは皆さんお待ちかね中学生日記です。
巡礼の前日、エリカ様に遭遇。
翌日の名古屋行きの話になる。
「静岡通り過ぎて名古屋行くんですね。」と静岡出身のエリカ様。
何でそこで無駄に自分アピールするんだよ。
コイツ、馬鹿なんじゃねーか?と思いながらも
自分アピールをしてきたもんだから、
今度静岡いくかもしれないって話をした。
実際、ローマの王子様とガンダム見に行くって話も出てるし。
すると、エリカ様が「静岡いい所ですよー。」とのたまう。
そこで、俺様も調子こいて
「じゃあその時は○○さん(エリカ様)の実家に挨拶に行きますよ。」
と、どういう反応をするか言ってみた。
すると、エリカ様一瞬硬直。
「よくもずけずけと人の中にはいる。恥を知れ!俗物!!」という顔をして
「いきなりですか?」と答える。
声のトーンは「愚劣な事を言う。」だった。
いいじゃねーかよ、言ったって。
そういうので俺様を釣ったんだから、と思ったけど
「お世話になってますって。」とお茶を濁しておいた。
そしたら、「お世話になってますか ですか。」とつぶやいた。

そんなエリカ様を見て、そんなもんだろうと思うのと同時に
「お前は、戦いの意思を生む源だ!生かしてはおけない!」
という気持ちになった。
あ、生かしてはおけないは言い過ぎた。
それはいい。


「戦いとは非情なものだ!
強い者だけが生き残り…力及ばぬ者は泥にまみれる!!」

そんな言葉を思い出した。
泥にまみれるのは・・・俺様だ。
ぐはっ。


そんな愛と怒りと悲しみのシャイニングフィンガーの中
名古屋のインターナショナルパブの
ペルー人(ジャネット)の一言が嘘でも嬉しかった。

今週の

こんばんわ。
今週のシリーズに言ってみたいと思います。

今週の犬神家
総裁に仕事を頼まれる。
前にも何回かやってる所だというので。
が、管理表に俺様の名前が入っていない。
ラッキーと思うも、その翌日俺様に変えられる。
聞いてないよー。
もうね、「謀ったな。シャア。」
という気持ちになる。

今週の中学生日記
エリカ様と目が合う。
嬉々としてエリカ様に対面。
ローマの王子様とアポあるから呼んで来て だそうです。
今週はあまり相手にされなかった。
「沙羅双樹の花が散ったか・・・。」
そんな気持ちになる。
ダメかなあ、こりゃ。
己の生まれの不幸を呪った。

今週のジャイアンリサイタル
族長からメール。
「日暮里のさくら水産で飲んでる。西じゃないぞ。」
だそうです。
これで死の宣告が来る。
やっぱりそれなりに阿鼻叫喚。
ローマの王子様がエリカ様VS常磐族の約束を取り付けたらしい。
族長ちょっと嬉しそう。
多分、来ないだろうなあ。
「紙の上に血を置いた物など何の証明になりましょう!」
と言いたくなった。
来たら来たで俺様がちょっと嫌だ。
そろそろ潮時かのう。

引越し業者犬神家

二ヶ月くらい前のジャイアンリサイタルで悪霊島のイジリー氏が
マンションを購入した事をカミングアウト。
それならば、引越しはどうするのかと族長が問いただし
結局、犬神家で彼の引越しを手伝う事に。
もうね、犬神家の申し出を断ったら

「てめぇらに今日を生きる資格はねえ。」

くらいの勢いでしたよ。
イジリー氏はその前に快くお願いしてましたけどね。
人によっては迷惑なんだろうけど、そんな事は

「あー、聞こえんなー。」

でお構いなし。

そして昨日引越しが行われました。
集まったのは犬神家のいつものメンバー。
ええ、常磐族がほとんどです。
引越しの方は人数が多かった(10人)ので、昼に始めて2時間くらいで終る。
それからはお約束のジャイアンリサイタル。
レディーゴーは3時で、一時場所を移してまたジャイアンリサイタル。
2次会からは仕事が忙しくて引越しに参加できなかった花田さんも参戦。
これじゃいつも通りのジャイアンリサイタルじゃないか。

「貴様には地獄すらなまぬるい。」

そう言われているような阿鼻叫喚な時間を過ごす事に・・・。
族長・・・ナイツ氏と大魔神に隣の席のネーチャン達をナンパさせようとするし。
しかも手前の女の人をでかい声で「あのブサイク。」とか言うなよ。
で、その人達も「ありえねー、無理。」とか言ってるし・・・。
今回はいろんな意味で阿鼻叫喚だった。

199X年世界は核の炎に包まれた

とまでは行かないけれども。
結構なネタになったのでよしとしよう。

果てしなき戯言

こんばんは。
今週の俺様はほとんど会社行ってません。
まともに行ったのは月曜日だけ。
火曜日は業界の講習。
水曜日は前のネタの通り。
木曜日は創立記念日で終り。
金曜日は隣の自由人が自分が休みたいが為に
「お前も疲れただろう、お前も休め。」
と、無理矢理休みを取らされる。
結構、ストレスから開放された感がありますよ。
そして、少し時間が空いたのでブログを書こうと考える。

「こんなこともあろうかと鍛え抜かれたこのカラダ!!」

と、何か書こうとする。
んが、ココのネタほとんど犬神家での出来事。
書く事がねぇ。
だって、ビデオ屋行って「2012」とか「BALLAD 名もなき恋のうた」を
借りてきましたとか、随分前になるけど、スターゲイト観終わったとか
くそつまんねーネタしかない。

そんな俺様もネットに戯言を垂れ流して10年目。

「戦士とは…強くなればなるほど、
その修羅の道から抜けられなくなるものなのだよ!」


という訳でネタを探す。
10年・・・。
10年後はジャイアンリサイタルから帰宅後
ミネバ様が「ご苦労であった。」と出迎えてくれるも
「長い間の偵察ご苦労だった。
いよいよアクシズが動き出す時が来た!
ザビ家再興の為に、力を貸してくれよ。」

とのたまわれ、

「よくもミネバをこうも育ててくれた!
偏見の塊の人間を育てて、何とするか!!」


と、嫁に毒づくという事をネタに書いた10年後が見えた気がした。
あべし。
ランキング

おきてがみ

おきてがみ

ブログラム

blogram投票ボタン

ブログ内検索

RSSフィード
月別アーカイブ

ブロとも申請フォーム
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。