聖帝十字陵

サイドバック転向

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

俺様の日

また一つ歳を取ってしまいました。
生まれてすいません。
世間様が休めるのは天皇のせいじゃなく
俺様のお陰だと思ってます勝手に。
そして、いよいよ来年は総帥イヤーですよ。
ナナイみたいな愛人が欲しいです。
来年はサンタさんにお願いしよう。

話は変わりまして、一昨日の話になるんですが
何事もなく修羅の国を後にして家路に着く俺様。
丁度、北千住の駅で電車のドアが開いたとき
「あ…シューズのひもが…。」
不吉だ。
「何だこのざらついた感覚は。」
案の定、花田さんからの拉致メール。
「北千住来れる?」という内容。
まるで、俺様の行動を把握しているのか?
そう思えるくらいタイミングが良かった。

本当は「聞いてないよー。」って言いたかったけど、
私とてジオンの漢だ。
「よろしい。本懐である。」
という事でいつもの店へ。
勿論、族長もいるのでここで常磐会がスタート。
軽いつもりがエンジンがかかり、飲みすぎ。
気持ち悪くなるも、「吐き出すものなど・・・ない!!」
で踏ん張る。
そして、花田さんが明日リタイヤ宣言。
族長もリタイヤ宣言したかったらしいけど、
翌日は行かなきゃいけない仕事があるので珍しく宣言せず。
そして、俺様。
二人から「明日は休め。」とリタイヤ宣告される。
実際今はやる事もないので、拳王が地に足つくなど恥辱と思いながらも
リタイヤする事にした。

勿論、犬神家には「電気系統」という事で連絡しておきました。





スポンサーサイト

ナイトライダー

先日ですね、我が家の車(自称ナイト2000)にですね
しゃべるようにして頂こうと、
いつ黄色い救急車に乗ってもおかしくない俺様が
黄色い帽子へ行ってきましたよ。
我が家のナイト2000は無口で何もしゃべらないので
しゃべれるような環境を提供するべくとある機械を取り付けに行きました。

まぁ、とりあえず喋るようにはなったんですがね、
どうも味気ない。
ナイト2000(自称)なのに「やあ、マイケル。」って言ってくれない。
俺様が「よおし、KITT行くぞ!イヤホォォォゥ!!」
と、マイケル(吹き替え)のモノマネをしてみてもジャンプしてくれない。
ただ喋るのは「右だ。」とか「左よ。」しか言わない。
それじゃあのピンク野郎と一緒じゃねーかよ。
しかもバトルボーナスじゃないから、何のドキドキ感もない。

かといって、酸素欠乏症の親父が「コイツをガンダムに付けてみろ。」
というほどのクソ機械でもなく、むしろ逆。
「νガンダムは伊達じゃない。」というくらいでした。
素晴らしい、実に快適だ。
コレがあれば方向音痴の人も大分救われるね。
「人間の知恵はそんなもんだって乗り越えられる」
という事を実感しました。




余談:尤もらしく書いてるけど、要はナビをつけた話です。
ただそれだけです。

あなただけ見えない

こんばんわ。
今日はネタ供養の一環として
ある一日を代弁者の言葉を
通して書いてみようと思います。

朝、修羅の国(会社)へ入国。
普通に仕事。
定年を過ぎて嘱託で働いている天下りに
ちょっかいを出され、ネチネチと嫌味を言われる。

本当は
char_mask.jpg

「はっきり言う、気に入らんな。」
と、バッサリ斬り捨てたいところなんだけど
「若者をいじめないでいただきたい。」
と、かわす。


そして昼、仕出し弁当(350円)を食うも・・・・
sauza.jpg
「今日のは口にあわぬ!」

まぁ、350円だからそんなもんか。
「退かぬ。媚びぬ。省みぬ。」で平らげる。
そして午後。
睡魔が襲ってくる、眠い。
「む・・・むかしのように・・・
 もう一度 ぬくもりを・・・」

と、眠りについてしまうのはアレなんで
ちょっと給湯室へ行き気分転換。

給湯室にメッシ君登場。
相変わらずトチ狂った事を話す。
あのアホ野郎がいっちょ前に俺様にああだこうだ言い始める。
freeza1.jpg

「はじめてですよ・・・
このわたしをここまでコケにしたおバカさんは・・・。」

と思うも、このまま話し聞いてると
「いちいち癇にさわるヤローだ!!!!」
に、なっちゃうのでその場を外して仕事に戻る。

そして今日の強制労働が終り、エリカ様(保険屋)に遭遇。
世間話をするも、結局は入る気ないのに保険の勧誘。

haman01.jpg

「よくもズケズケと人の中に入る。恥を知れ、俗物。」

でも、話が終って次の獲物に食らいつこうとする
エリカ様の後姿を見て
「シャア、私と来てくれれば...」
と思う自分が嫌になる。


とまぁ、このブログによく出てくる4人をフィーチャーして
俺様の一日を表現してみました。
マジでこの人たちのセリフで俺様の感情を表現できたのが悲しかった。

だってさぁ、4人とも何かしら歪んでるんだもん。
その内にどっかの強化人間よろしく
「空が落ちてくる。」
に、ならん様に気をつけたいと思います。

おしまい。

ダメファンタジスタ

今日も早速ネタ行きます。

家に帰ってきて部屋着に着替える。
脱いだシャツが丸まって床に落ちた。
ふと、脳内にある曲が流れてしまって
うっかりそのシャツを蹴りドリブル開始。
ジダンのようにマルセイユルーレットを織り交ぜながら
洗濯機のある部屋へ。
洗濯機が見えてきた。
ここでロナウジーニョばりにまたぎフェイントをかます俺様。
そしてループシュート。
シャツが洗濯機に入る。

「ほう…ついに…柴龍が昇竜になりおったか…」

となる筈だった。

んが、実際はもっさりとしたマルセイユルーレットで
またぎフェイントで足はもつれる。
最後のシュートはシャツが足に絡み付いてあさっての方向に。
残念だ、非常に残念だ。
凹む。
さらに俺様をへこませたのは、30過ぎたいいオッサンが何やってるんだろう?
という事に気がついた事だった。
「こんな所で朽ち果てる己の身を呪うがいい。」
誰かにいわれてるような気がした。
そして、さらに心が折れた。
うわらば!

余談:コレが今回の諸悪の根源。
↓↓↓↓



コレが脳内に流れなかったら、このネタは生まれなかった筈。
でも、上手くいったら今週のマンデーセレクションに選ばれたかなぁ。
ちょっと残念。
この曲流れたらやるしかないよね、月曜日じゃないけど。

エリア51

こんばんは。
最近、修羅の国での強制労働がド暇です。
色々自分でやる事を探していたのですが、さすがにそれも尽きる。
もうね、せんだみつおよろしく
「仕事くれ。」な状況で軟禁状態。

籠の中の鳥は鑑賞される道具でしかない事を覚えておくがいい

という言葉を思い出します。

こんなにド暇なら長期休暇を取ってどこかへ行こう。
国内?海外?
そんな事を考えながら、さっきまでスターゲイト観ていました。
どうせなら、スターゲイトくぐって宇宙行っちゃえばいいんだ。
そんな事を考えてみたけど、実際アメリカの山奥の地下まで
どうやって行けばいいんだ?
その前に実際ある訳ねーだろ?って意見もあると思いますが
スターゲイト・・・あります。
だって、アメリカが出処ですから。
物語でもアレを管理してるのはゆーえす・えあふぉーすですから。
きっと、バレたら混乱しないようと意図して放送してるはずですから。
米軍の陰謀っていうだろ?

きっとアメリカの山奥の地下では
「コノマエ イッタ ホシノ ウチュウジンノオネーチャン イイケツシテタナァ」 とか
「アノホシノ タベモノ オイシカッタナァ」 とか話してるんだろうなぁ。
いいなぁ、羨ましい。
そんな訳で俺様も是非行ってみたい。



余談:これがスターゲイト。
これでワカラネー奴はツタヤで借りて来い。


その双眸に焼き付けろ!

こんばんは。
ちょっと前の話ですが、今回もジャイアンリサイタルです。
終業のベルが鳴ると、ローマの王子様が
「薄着のお姉さんが給仕してくれる居酒屋があるんで
目の保養しに行こう。で、そこは写真撮影禁止だから
心のファインダーにお姉さんを焼き付けよう。」
と、言ってきた。
あまりに目を輝かせて言うので、その根気に負けて拉致。
拉致被害者は俺様とマイケル君。

店に着く。
確かに普通の居酒屋だが、給仕してくれるお姉さんが薄着。
見えそうだった。
今回飲んだ席が座敷だったもんだから、必然的にお姉さんはしゃがむ。
スカートが短いので、隠すにも隠せず当然パンツがこんにちは。
最初は「おおおっ。」と思った。
仕方ない本能だから。
んが、何度か見てると飽きてくる。
そう、俺様には二度と同じ技は通用しない。
因みに来てくれたお姉さんのパンツの色は白、赤、緑でした。

で、お姉さんのスペックも今回は偶然にも色の通りのスペックだった。
緑はちょっと残念で、白い奴は高スペック。
赤いのは3倍じゃなかったけど、それなりに高スペックだった。
モビルスーツの性能の差が戦力の決定的差でないという言葉もあるけど
今回は偶然にも一致。
少し笑えた。

各人、飲み食いとお姉さんを満喫し、今回のジャイアンリサイタルは終了。
「あー、満喫したなぁ。」と満面の笑みで帰っていくローマの王子様を見て
普段はどちらかというと人間嫌いな俺様が、

「にんげんっていいな。」

と思えたことが一番のサプライズだった。
そんな訳で今日のネタは終了。



余談:今回行った所。
機会があったら言ってみるといいかもしれないよ。

It's Only The Beginning

1日は恒例の直会(なおらい)。
要は安全祈願と称するタダ飯ダダ酒の会。
そして、今月は犬神家が当番。
いつもは途中で帰る部長が最後まで残り、族長を拉致。
そのあおりで族長が犬神家のほとんどを拉致。
当然俺様も拉致られる。
第二ラウンドがはじまり、いつもの如く阿鼻叫喚な時間が過ぎる。
そんな中、俺様の携帯が鳴る。
履歴を見るとエリカ様からだった。
来たなプレッシャー。
どうせいい保険があるから話がしたい とかだろうと思い電話に出る。
すると、年末の挨拶がしたいから明日時間ありますか?との内容。
勿論、ネタのために「とっておきのサラダ作っておくからな。」
快く応じる。

ジャイアンリサイタル自体はこの後も第三ラウンドまで続き、午前様。
翌日は出社したものの、ほぼ戦闘不能。

そして終業のベルがなり、エリカ様登場。
エリカ様が「お世話になりました。」と挨拶に来てくれました。
こっちがお世話になりっぱなしだというのに・・・殊勝な奴だ。
そして、カレンダーを俺様にくれるというのだ。

『いいのか?』
『愛(契約)してくださっているのなら』
『いてくれなければ困る(ネタのために)、エリカ様』


そんな世間話をして今回は終了。
もう来ないと思ったけど、まだまだ来るらしい。
そんな訳で、これからも励んで欲しい私のために。

4周年

こんばんわ。
気がついたらこのブログも4周年を迎えてしまいました。
4年・・・。
オリンピックです。W杯です。ガンダムファイトです。
日暮が目覚めます。

4年間も続けられたのもマニアの方々のお陰も少しありますが
ほとんどは俺様のストレスの賜物です。

んで、昔の内容をちょっと読み返してみる。
プッ。
結構面白いじゃん。
内容は人として「あれぇ?間違えたかな?」な内容だけど
中々面白いじゃん。
爆笑はしないけど、ニヤリとしてしまう。

もうね、少しだけ「私は天才だー!」と思ってしまった。
ちょっと言い過ぎたかもしれないですね。

すいません。
お願いですから、残悔積歩拳を突かないで下さい。
ビルから飛び降りちゃうから。
もう少し生きたいので。
ランキング

おきてがみ

おきてがみ

ブログラム

blogram投票ボタン

ブログ内検索

RSSフィード
月別アーカイブ

ブロとも申請フォーム
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。