聖帝十字陵

サイドバック転向

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

再び

こんばんわ。
最近シロニンジャーロスが激しいです。
そんな訳で面倒くさい案件が終了。
まだ事後処理が残ってるけど、あのクソ細かい担当者から開放。
で、次の案件を上司に「何やるんですか?」と聞くと
「○○(案件の名前)。」と教えてくれる。
それはいい。
んが、次の一言で俺様の頭に死兆星が輝いた。
「担当者また同じ人だから。」

スラッシィ池田ァアアアーーッ!!

またお前か。
マジでそんな気持ちになった。
てな訳でこれからも終わりなき戦いは続きます。
終わり。
スポンサーサイト

ちょっとだけテンション上げてやる

超久しぶりです。
俺様です。
スノボ行きたいです。
それはいい。
とりあえず生きてます。
犬神家で強制労働もしています。
で、今抱えている案件の担当者が細かい人なんで四苦八苦してます。
テキトー万歳な俺様とは対極の位置をなす人なんで結構面倒くさいです。
色々と電話やらメールが来ます。
そんなのよくある話なんですけど、最近は奴からコンタクトがあると
「またお前かぁぁ!!!」みたいな気持ちになります。
そう、スラッシィ池田が画面に出てきたときの絶望感。
アレに近いものがあります。
もう一度言います。 

スラッシィ池田。

今日の魂の叫びとしてここで失礼させていただきます。

アヤの系譜

どうもご無沙汰してます。
最近の合言葉は「月曜日は仲村さんに会える」です。
スピリッツでやってるトクサツガガガおもしれーよ。
おはようございます。俺様です。
昨日はジャイアンリサイタルだったんですけど、
気持ちよく朝を迎えることができました。
体調がよかったんですね。それはいい。

今回のネタというか悪口はつい最近まで抱えてた案件についてです。
その案件の担当者がアヤさんっていう女性だったんですよ。
実はアヤって名前に対しては物凄くいい印象を持ってる俺様。
杉本彩?鮫島彩?宮間あや?はいいけど、
そんな俺様の大好物が多いアヤさんなもんだから期待してたんだけど、
実際にご尊顔を拝したらばくだんいわみてーなツラしてました。
いっちょまえにネイルとか髪巻いていかにも「女子」みたいな感じでしたが

残念!

というのが俺様の心境です。
そんなアヤさんとのお仕事だったのですが、結構な破壊力でした。
もうね、一言で言うなら

「お前は戦いの意思を生む源だ!生かしてはおけない。」

でしたよ。
生かしてはおけないは言いすぎでしたけど、そんな感じです。
詳しい内容はまた次回。
今日はこんなもんで勘弁してください。


久しぶりに書き易いネタが

超ご無沙汰です。

4月から花田さんが上の階へ異動となってしまい、ジャイアンリサイタルが
激減し、ただでさえネタがないのにさらにこの打撃。
もうね、母は殺され父は冷凍刑、俺は貴様を追ってきてこのザマだ
みたいな状況です。

そんな中、蜘蛛の糸が降りてきました。
ちょっと前に出てきたカリス君なんですけど
半年くらい前に発狂して一ヶ月間休職というか再調整の後、
普通に働いていたんですよ。
そんなある日、仕事の事でオッサンが少しカリス君に詰め寄ったらしいんですよ。
そしたら、カリス君がオーバーヒートしたらしく

「空が落ちてくる。」

受話器を投げて発狂して失踪。
俺様は下の階なので後から聞いた話なんですが、上の階は大騒ぎだったらしいのです。
そして、上の階に異動になった花田さんがエライ目にあっていたみたいです。

「追うんですよドドリアさん!捕まえなさい!」

という事で、二つ先の駅まで探しに行かされたそうです。
何かあったらヤバイという理由だからだそうです。
そして翌日、再調整が上手く行ったらしく普通に出社。
謝罪もへったくれもなく出社してたそうです。
んが、そんな事は会社が許すわけでもなく、3回目の発狂なので
総裁曰く「アイツ辞表書かされたらしいよ。」ということでクビ?になっちゃいました。
空を見上げるとカリス君がいい顔をして微笑んでいるわけありませんが
貴重なネタが損失してしまい、さびしくなる俺様。
今回のカリス君の騒動は花田さんから

「私もよくよく運のない男だ。」

という風に聞かされました。
うん、確かに災難でしたけどね。
それはいい。
とにかくネタだ。
ネタが欲しい。

インチキ日系人

こんばんわ。
久々の更新です。

先月新しいお友達が犬神家に加わりました。
40過ぎたいいオッサンなんですけどね。
何でも、同業他社からの転職で、前にいた会社が潰れかかってるらしい。
実はその会社はウチノ会社の下請けで、2~3年前にその会社に自由人と
2~3週間手伝いに行ってた事もあったのだ。
で、そこのロッカー室に入る機会があり、そこで目にしたのが

澤村カルロス章二という名前だった。

何なんだ?このインパクトのある名前は?
外人の血でも入ってるのか?
それともロベルト本郷とかマルシア一枝西家とかそういう日系人?
そんな素朴な疑問を誰にも明かさずそして現在に至った。

そして現在、そのカルロスが犬神家に加入するのだ。
俺様が今の会社に入ったときに部署は違うが同時期に
カルロスの会社から転職して来た人がいたのでカルロスについて聞いてみた。

「あの会社のロッカーに澤村カルロス章次ってなまえがあったんですけど
外人の血でも入っているんですか?」

「え?入ってないよ、完全な日本人だよ。」

「じゃあ南米の日系人とか?」

「だから入ってないって。」

「じゃあカルロスってのは?」

「ホーリーネーム。」

そんなやり取りになってしまった。
カルロスは何でも西洋かぶれで、アメリカを放浪したことがあり
そしてカルロス本人はミドルネームのつもりだったらしいけど
周りからはホーリーネーム扱いだったらしい。
そしてカルロスが入社の日になった。

「てめえに会うために地獄の底から這い戻ったぜ!!」

という訳でもなく淡々とカルロスは入社の挨拶を済ます。
名前がネタ的に香ばしいのでどんな人がくるのかワクワクしてたけど
別に外人みたいでも何でもなく本村弁護士みたいなオッサンだった。
うん、どっちかというといい人だと思う。あんまり話してないけど。
カルロスは今日も一生懸命仕事してます。
困ったときは力になってね、俺様の。
ランキング

おきてがみ

おきてがみ

ブログラム

blogram投票ボタン

ブログ内検索

RSSフィード
月別アーカイブ

ブロとも申請フォーム
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。